【競馬】シンザン記念 ククナとバスラットレオン、人気馬2頭の明暗を分ける「100%データ」とは?

今週は中京競馬場で3歳重賞・シンザン記念(芝1600m)が行われる。

かつてはジェンティルドンナアーモンドアイという世代三冠馬を輩出したレース。「シンザン」の名に恥じぬ稀代の名牝が誕生したことでレースが格式を帯びたように思える。はたして今年はどんな馬が出世街道へと足を踏み入れるのだろうか。

データで紐解く今年のシンザン記念。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

1.バスラットレオンに吹き荒れる「キズナ産駒の左回り」という向かい風
2.ククナを後押しする「馬券内率100%」データ
3.データが導く2021シンザン記念の穴馬候補は?

◆シンザン記念 ククナら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

■バスラットレオンに吹き荒れる「キズナ産駒の左回り」という向かい風

前走朝日杯フューチュリティSで3着馬と差のない4着。初のマイル戦で新境地を切り拓いたバスラットレオン

昨年のリーディングトレーナーが送り出す素質馬に訪れた重賞勝利のチャンス。相手関係から上位評価とされる1頭だが、ここでは血統面でのマイナスデータが出現する。

・キズナ産駒の左回り重賞成績【0-1-1-23】

同産駒の重賞7勝はすべて右回り。あまりにも極端な成績の差だ。舞台を中京に限定すると【0-0-0-9】と目も当てられない数字……バスラットレオンは吹き荒れる向かい風にどう立ち向かうのか? ここは試金石の一戦と言えるだろう。

■ククナを後押しする「馬券内率100%」データ

アルテミスSではソダシの2着、世代上位の力を示したククナ

C.ルメールを背に牡馬混合戦に挑む今回、越えるべきハードルは決して低くない。しかし、同馬にはデータ面での後押しが存在する。

・3歳1月の牡馬混合重賞×牝馬×C.ルメール騎乗【2-1-0-0】

馬券内率に換算すると100%。これに該当するのは冒頭で名前が挙がったジェンティルドンナとアーモンドアイ、そして昨年の京成杯2着馬スカイグルーヴだ。

同じ週に行われる牝馬限定戦・フェアリーSをパスし牡馬混合戦にぶつけてきたククナ。その背景にあるのはC.ルメール騎乗という絶対的なジョーカーの存在なのかもしれない。

■データが導く2021シンザンの穴馬候補は?

過去5年で4度の3連単10万越えが飛び出すシンザン記念。ここでは波乱の使者となりうる穴馬候補2頭をデータ面から取り上げたい。

<穴候補1 ピクシーナイト>

1勝クラスを使われた前走は3着。重賞のメンバー相手では厳しい印象も窺えるが、ここは「人」のデータが追い風となる。

・福永祐一の中京芝1600m重賞成績【1-2-2-2】

京都金杯で騎乗したピースワンパラディもキッチリ連対圏にもってきた同騎手。この舞台のスペシャリストとともに臨む一戦、配当妙味を考えるとノーマークにはできない1頭だ。

<穴候補2 レゾンドゥスリール>

穴馬と呼ぶにはやや人気寄りかもしれないが、この馬もデータ面での上積みが大きい馬だ。

・明け3歳世代の須貝厩舎所属馬の重賞成績【4-1-0-4】

これを前走勝ち馬に限定すると【4-1-0-2】馬券内率71.4%。ソダシ(阪神ジュベナイルF1着)やステラヴェローチェ(朝日杯FフューチュリティS2着)などこの世代の須貝厩舎所属馬は粒揃い。ハーツクライ産駒の刺客が世代トップグループに名乗りを上げる可能性は否定できない

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「シンザン記念」

【競馬】シンザン記念&フェアリーS C.ルメール騎手にとって『不吉』なデータとは

【競馬】シンザン記念 中京開催であれば牝馬ククナは苦戦する

【競馬】シンザン記念 ククナら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

twitterアカウントはこちら⇒田原基成@競馬ストーリーテラー

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします