【バスケ】Wリーグ、オールスターの中止を決定 緊急事態宣言受け安全面を考慮

バスケットボール女子のWリーグは12日、24日に国立代々木第二体育館にて開催予定であった「Wリーグオールスター2020-2021 in 代々木」を中止すると発表した。23日に予定されていた前日特別イベントも中止となる。

Wリーグは公式サイトにて、「オールスターは、緊急事態宣言下の東京都での開催であること、また例年日本全国から多くのお客様がお越し下さることや選手スタッフの多くが一都三県を経由しての移動になることから、以上を踏まえた場合、アリーナにお越しいただく多くの方の安全を最優先に考慮すべきと考え、本日程での開催は中止すべきという判断に至った次第です」と中止理由を掲載した。

また「Wリーグオールスターは、選手とファンの皆様をつなぐ重要なイベントであり、本年も「女子の力で日本を元気に」の旗印の下、リーグと選手が一丸となって様々な催しを企画しておりました。だからこそ選手やお客様の不安が大きい最中での開催ではなく、制限の中でも参加される皆様が安心して心からイベントを楽しんでいただける時期を再検討し、改めて開催ができるよう準備を進めてまいります」と、日程を改めての開催を目指す方針としている。

9日には、Bリーグのオールスター戦「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO」も、開催地である水戸市からの要請を受けて中止が発表されていた。

【バスケ】「Bリーグオールスター2021」開催中止 開催地・水戸市からの要請

【バスケ】女子バスケ界の逸材、大物ルーキー中田珠未への期待

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします