【競馬】クロフネが死亡 初の白毛馬GI勝ちソダシの父

2017年8月、繋養先の社台スタリオンステーションにて (C)Getty Images

2001年のNHKマイルカップ(GI)や同年のジャパンカップダート(GI)を制したクロフネが18日、繋養先となる北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで老衰のため17日に死亡していたことがわかった。23歳だった。

◆動画で振り返るクロフネの子・ソダシの阪神ジュベナイルフィリーズ制覇 2020年中央競馬GI全レース結果&動画集

クロフネは父フレンチデピュティ、母ブルーアヴェニューのアメリカ産馬。2000年10月に京都競馬場の新馬戦でデビューし、2戦目に勝ち上がり。翌年のNHKマイルカップでGI初制覇を果たすと、この年から外国産馬の出走が認められた日本ダービーに駒を進め、5着だった。

その後は出走枠の関係で当初予定していた天皇賞・秋への出走が叶わず、ダートの武蔵野ステークスへ矛先を向けると、古馬を相手に9馬身差の圧勝劇。返す刀で臨んだジャパンカップダートでも早め先頭からそのまま押し切り、国内外のダート一流馬相手に7馬身ちぎって完勝、同年のJRA賞最優秀ダートホースを受賞している。なお、ダートの2戦はいずれもレコード勝ちだった。

ダート戦での圧倒的な強さから海外遠征も決まっていたが、2001年12月に右前脚屈腱炎を発症。そのまま引退し、種牡馬入りとなった。主な産駒にホエールキャプチャアエロリットカレンチャンなど。昨年、阪神ジュベナイルフィリーズを制し初の白毛馬によるGI制覇を果たしたソダシもクロフネを父にもつ。

種牡馬としては芝、ダート問わず活躍馬を輩出し、常に種牡馬リーディングの上位に顔を覗かせていたが、ここ数年は体調が優れず2020年をもって種牡馬を引退。繋養先の社台スタリオンステーションで余生を過ごしていた。

【競馬】年度代表馬にアーモンドアイ 牡牝無敗の三冠馬2頭は受賞ならず

【競馬】2020年中央競馬GI全レース結果&動画集 三冠馬3頭が激突した伝説のジャパンC

【競馬】史上初の白毛馬GI制覇!阪神JFはソダシが大接戦を制す

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします