【競馬】エアスピネルやオーソリティに騎乗できず 池添謙一が騎乗停止

(C)Getty Images

日本中央競馬会(JRA)は1月31日、中京10R・美濃Sが行われ、ヒートオンビートが最後の直線コースで内側に斜行、これによりシャイニーゲールの進路が狭くなった。この件について、ヒートオンビートに騎乗した池添謙一騎手は、2021年2月13日(土)から2021年2月21日(日)まで9日間(開催日4日間を含む)の騎乗停止となった。

この裁定により池添は、14日の京都記念で騎乗予定だったモズベッロに、20日のダイヤモンドSではオーソリティに、21日のフェブラリーSではエアスピネルにそれぞれ騎乗できなくなった。

なおJRAの騎乗停止の始期について2019年いっぱいまでは翌節からだったが、2020年からは「処分の統一的な運用、不服申立てがあった際の十分な審理時間の確保およびルールの国際調和」の観点から、原則として翌々節からとしている。

【競馬】クロフネがJRA通算勝利数単独第7位に 1位はサンデーサイレンス

【競馬】米年度代表馬「エクリプス賞」にKダービー&BCクラシックVのオーセンティック

【競馬】三冠馬vs.名牝の舞台は大阪杯か宝塚記念か コントレイル、デアリングタクト、クロノジェネシスの動向を読む

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします