【サッカー】リヴァプール南野のサウサンプトン移籍が正式決定 

サウサンプトンに移籍が決定した南野 (c)Getty Images

プレミアリーグサウサンプトンは1日、リヴァプールに所属する南野拓実(日本代表)を今シーズン終了までのレンタルで獲得したことを発表した。なお、移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ氏のtwitterによると、買取オプションは付かないという。

南野はリヴァプールで、モハメド・サラー(エジプト代表)サディオ・マネ(セネガル代表)ロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表)など分厚い攻撃陣を前に、シーズン21試合中、9試合(先発出場2試合)と出場機会が恵まれなかった。

サウサンプトンに所属した日本人選手は、2012年〜2014年の李忠成(元日本代表)、2012年〜2020年の吉田麻也(日本代表)がおり、今回の移籍で南野が3人目の日本人選手となった。

ユルゲン・クロップ監督、南野拓実のプレーは「スーパーなものだった」「並外れた出来」

南野拓実がプレミアリーグデビュー「最後まで戦い続ける」 リヴァプールは40戦無敗

南野拓実、リヴァプール入団が正式決定 「一員になることを夢見ていた」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします