【競馬】グランアレグリア、次走・大阪杯で三冠馬コントレイルと激突へ

(C)Getty Images

昨年の最優秀短距離馬グランアレグリアの次走が3日、4月4日に阪神競馬場で行われる大阪杯になることがわかった。同レースにはすでにコントレイルが参戦を表明しており、現役最強短距離馬と無敗の牡馬クラシック三冠馬が仁川の2000mでいきなり激突する。

◆【レース動画】安田記念ではアーモンドアイを撃破 最優秀短距離馬グランアレグリアのGI勝利一覧
◆【レース動画】父ディープインパクトに続き無敗三冠を達成 コントレイル出走のGIを振り返る

グランアレグリアは父ディープインパクト、母タピッツフライの5歳牝馬。昨年の安田記念では単勝1.3倍の圧倒的な支持を集めたアーモンドアイを破りGI2勝目を飾ると、秋にはスプリンターズSマイルCSでも最先着を果たし、2020年のJRA最優秀短距離馬を受賞している。

同馬は過去、マイル戦までにしか出走経験がないだけに、大阪杯に出走となれば2ハロンの距離延長に対応できるかが好走の鍵となりそうだ。なお前哨戦は使わず、直行する見込みとのこと。

一方のコントレイルは昨年の皐月賞日本ダービー菊花賞を負けなしで制し、日本競馬史上3頭目となる無敗の牡馬クラシック三冠馬に。古馬と初対戦となったジャパンCではアーモンドアイに敗れており、捲土重来の走りに期待がかかる。なおこちらも大阪杯へは直行の予定だ。

【競馬】エアスピネルやオーソリティに騎乗できず 池添謙一が騎乗停止

【競馬】クロフネがJRA通算勝利数単独第7位に 1位はサンデーサイレンス

【競馬】三冠馬vs.名牝の舞台は大阪杯か宝塚記念か コントレイル、デアリングタクト、クロノジェネシスの動向を読む

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします