【サッカー】レバンドフスキ2発! BミュンヘンがクラブW杯決勝へ 決勝予測は……

2021年2月8日、レバンドフスキの2ゴールでBミュンヘンを決勝進出に導く  (C)Getty Images

FIFAクラブワールドカップは8日、カタールアフメド・ビン=アリー・スタジアムで準決勝が行われ、バイエルン・ミュンヘンドイツ)がロベルト・レバンドフスキポーランド代表)の2ゴールでアル・アハリエジプト)を撃破し、決勝進出を決めた。

決勝は11日、カタールのエデュケーション・シティ・スタジアムにて、2013年以来の優勝を目指すBミュンヘンと初制覇を狙うティグレスメキシコ)が対戦する。

■SPREAD編集部 HMの大胆予想

ズバリ、Bミュンヘンが2-0で勝利。ドイツのブンデスリーガで20試合を行い、チーム得点数58と、18チーム中ダントツ。レバンドフスキやトーマス・ミュラー(元ドイツ代表)などを擁する攻撃陣は破壊力十分だ。また、マヌエル・ノイアー(ドイツ代表)やニクラス・ズーレ(ドイツ代表)などを中心とした守備は固く、18チーム中5番目に少ない26失点とこちらも安定している。

対するティグレスは、準々決勝で蔚山現代韓国)、準決勝でパルメイラスブラジル)を破り、北中米カリブのクラブとして初の決勝進出。台風の目となっているが、力の差は歴然。ティグレスが勝利するならば、守備を固めカウンターで得点を狙うぐらいしかない。

決勝でヨーロッパ王者と北中米カリブ王者の顔合わせは初となるだけに、どんな戦いになるのか注目したい。

『SPREAD』編集部が選ぶ今週のスポーツ「2021年、クラブW杯の覇者は果たして……」

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします