【ボクシング】井上尚弥、「LEGEND」“ガチスパー”宣言 過去には練習相手をダウン、骨折させた破壊王ぶり

井上尚弥(左)と比嘉大吾(右) (C)Getty Images

11日に開催されるチャリティイベント「LEGEND」に向けて前日10日、エキシビションマッチのメインカードとなるWBA&IBF世界バンタム級統一王者井上尚弥と、元WBC世界フライ級王者現WBOアジアパシフィック・バンタム級王者比嘉大吾のあいだで、“ガチスパー”宣言が加速した。

◆チャリティイベント「LEGEND」2月11日 対戦カード、対戦順、中継情報一覧、対戦結果・レポート

井上は自身のツイッターを更新。「手を抜いた公開スパーリングなんて誰が見たい? お金を払って来てくれるのだからそれなりのものを見せないとね」と、改めて手抜きなしのスパーリングであることを宣言した。

もともとスパーリングでも手を抜かないことで有名な井上。プロデビュー前にはのちにWBA&IBFの世界ライトフライ級統一王者となる田口良一をダウンさせ、2016年のダビド・カルモナ戦の前には3階級上のフェザー級日本ランカー渡辺卓也が、井上の左ボディーをブロックしたにもかかわらず右肘を骨折してしまった。

■比嘉「ガチでやらないと、こちらがやられる」

一方、比嘉はYouTubeの記者会見で「思い切り振り回していく。ガチでやらないと、こちらがやられる」と応戦する構えを見せた。今回のルールは3分×3ラウンドのスパーリング形式で、勝敗は付かない。また、今回グローブは8オンスの試合用ではなく、スパーリング用の12オンス以上を使用することになるが、両者の同意があれば第3ラウンドでヘッドギアを外すという。

じつは井上尚弥比嘉大吾は、過去に何度かスパーリングを行っている。2016年当時、スーパーフライ級王者だった井上が河野公平戦に向けた練習相手として、東洋太平洋フライ級王者だった比嘉を指名。前に出てプレッシャーをかけてくる比嘉に対し、井上はラッシュを打ち込むハードなスパーを見せ、強烈なアッパーが比嘉のアゴを捕らえるシーンもあった。

当時は練習相手としてディフェンスに徹した比嘉だが、15戦連続KOの日本タイ記録を持つパワーパンチャーが今回応戦するとなれば、試合さながらのカードになる可能性はある。

【ボクシング】「LEGEND」試合順が発表 井上尚弥も決意表明「ガチでやりたいと思います」

【ボクシング】井上尚弥、元世界フライ級王者・比嘉大吾とエキシビションマッチ 「避けては通れない相手」

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします