【サッカー】レアル・マドリードとマンチェスター・シティが準々決勝へ UEFAチャンピオンズリーグ

先制点を挙げ、喜ぶケヴィン・デ・ブライネ(2021年3月16日) (C)Getty Images

サッカーのUEFAチャンピオンズリーグは16日(日本時間17日)、各会場でベスト8を決めるセカンドレグの試合が行われ、レアル・マドリードマンチェスター・シティが準々決勝進出を決めた。

Rマドリードはスペインのエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノでアタランタと対戦し、前半34分にルカ・モドリッチクロアチア)のパスからカリム・ベンゼマフランス)がシュートを放ち1点先制。後半15分には、セルヒオ・ラモススペイン)の得点などで3-1で勝利。2戦合計4-1で3季ぶりの準々決勝進出を果たした。一方、マンチェスターCはハンガリーのプスカシュ・アレーナボルシア・メンヒェングラートバッハと相対して、前半12分にケヴィン・デ・ブライネベルギー)のミドルシュートで先制。続く18分にイルカイ・ギュンドアンドイツ)がゴール前で冷静に流し込み、立て続けに得点するなど2-0で勝利。前回の試合と合わせて4-0として、4季連続でベスト8に進出。

準々決勝は、ファーストレグが4月7日(同6日)、4月8日(同7日)、セカンドレグは4月14日(同15日)、4月15日(同16日)に開催される。

久保建英とアザールのやりとりにホッコリする動画を発見!!

マコーレ・カルキンにそっくりと話題のデ・ブライネが「ホームアローン」再現動画に出演

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします