【競馬】「スプリングS」ランドオブリバティの1枠は2勝2着2回 データ傾向「ローテ・脚質・枠順・人気別」

3月21日に中山競馬場で開催される第70回スプリングS(GII、芝1800m)の枠順が19日、JRAより発表された。前走のきさらぎ賞を3着に敗れたランドオブリバティは1枠1番、未勝利戦(東京、芝1800m)を史上最速タイムで勝利したボーデンは6枠10番に入っている。

◆【データ傾向】「スプリングS」ローテ・脚質・枠順・人気別

■スプリングS枠順

1枠1番 ランドオブリバティ(牡3、美浦・鹿戸雄一) 三浦皇成

2枠2番 ワールドリバイバル(牡3、栗東・牧田和弥) 菱田裕二
2枠3番 ヴィゴーレ(牡3、栗東・松永幹夫) 丸山元気

3枠4番 ヴェイルネビュラ(牡3、美浦・大竹正博) 戸崎圭太
3枠5番 レインフロムヘヴン(牡3、美浦・堀宣行) 石橋脩

4枠6番 アサマノイタズラ(牡3、美浦・手塚貴久) 嶋田純次
4枠7番 ニシノオイカゼ(牡3、美浦・武市康男) 勝浦正樹

5枠8番 オンザライン(牡3、美浦・大和田成) 横山武史
5枠9番 ロードトゥフェイム(牡3、美浦・尾形和幸) 木幡巧也

6枠10番 ボーデン(牡3、美浦・木村哲也) 川田将雅
6枠11番 イルーシヴパンサー(牡3、美浦・久保田貴士) 横山典弘

7枠12番 ビゾンテノブファロ(牡3、美浦・小桧山悟) 原優介
7枠13番 アールバロン(牡3、美浦・伊藤大士) 北村宏司

8枠14番 ヴィクティファルス(牡3、栗東・池添学) 池添謙一
8枠18番 セルジュ(牡3、美浦・中川公成) 菅原明良

【スプリングS】ランドオブリバティら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

【スプリングS】レインフロムヘヴン好気配 併せで遅れも反応&息遣い良化

【スプリングS】ランドオブリバティもう大丈夫 ホープフルS逸走の悪夢払しょくへ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします