【競馬】高松宮記念 レシステンシアの「馬券内率100%」とインディチャンプの「0.0%」 どちらを取るか

今週は中京競馬場で高松宮記念(芝1200m)が行われる。

年に2回しか行われない芝スプリントGI。コパノリチャードグランアレグリアなど「初スプリント組」の好走も珍しくなく、短距離路線の王道を歩んだ馬と別路線組との比較も重要な判断材料となる。特に今年は芝1200m未経験の実績馬が多く揃った印象だ。

データで紐解く今年の高松宮記念。リニューアル後に施行された過去9年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

1.レコード勝ちでいざGIへ。レシステンシアに死角はあるのか?
2.インディチャンプに立ちはだかる「芝1200m重賞×ステイゴールド牡馬」の壁
3.データが導く2021高松宮記念の穴馬候補は?

■レコード勝ちでいざGIへ。レシステンシアに死角はあるのか?

阪急杯をレコード勝ち。現役屈指のスピードを武器にGI2勝目ゲットを目論むレシステンシア

圧巻のパフォーマンスから1人気濃厚の同馬に死角はあるのか? ここで取り上げたいデータはこちら。

・前走芝G2またはG3勝利から臨むGI馬【1-3-0-0】

上記の該当馬はロードカナロア、ミッキーアイル、レッツゴードンキ、グランアレグリア。4頭すべてが連対圏突入と抜群の安定感を示すデータだ。

2歳時に阪神JFを制したレシステンシア。昨年は1勝もできず悔しいシーズンを過ごしたが、年明け初戦の阪急杯は快速馬健在を証明する強さ。馬券内率100%データを味方につけたレシステンシアの視界は良好だ。

■インディチャンプに立ちはだかる「芝1200m重賞×ステイゴールド牡馬」の壁

そのレシステンシアと同じ阪急杯から臨むのがインディチャンプ

マイルGIではアーモンドアイに先着するなど、トップマイラーの座を確かなものとしている馬。6歳にして初のスプリント路線殴り込みとなる。

短距離路線の天下統一といきたいところだが……ここでは不吉なデータが重くのしかかる。

・ステイゴールド牡馬の芝1200m重賞成績【0-0-0-14】

14戦馬券内ゼロと散々たる成績。インディチャンプ級のトップクラスが出走しなかったことは事実だが、そもそも出走する発想に至らないほどホースマンの間で「ステイゴールド×芝1200m」のイメージが湧いていない点にも注目すべきだろう。

国内のマイルGIでは馬券内率100%のインディチャンプ。やはり安田記念でこそ狙うべき馬なのかもしれない。

【高松宮記念】レシステンシアに初コンビ浜中が好感触 外枠に松下師「仕方がない」

【高松宮記念】レスシテンシアら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

【競馬】「高松宮記念」レシステンシアの8枠は過去10年で1勝のみ データ傾向「ローテ・脚質・世代・枠順・人気別」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします