鳥栖の快進撃に“3つの裏側”。竹原前社長の功罪:赤字20億円、守り続けた聖域、トーレスの残像

サガン鳥栖が躍進を見せている。2019年度決算で前代未聞の20億円超の赤字を計上し、多くの選手を放出…

J2得点王は出世コース?香川&フッキ輩出時代からの傾向変化とは【J2タイム】

東京五輪サッカーで金候補の韓国メディアが「死の国」入り日本に同情

【サッカー】「欧州スーパーリーグ」はアリかナシか 選手やサポーターの思いとの“乖離”が目立つ現状


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします