デアリングタクトが右前肢繋靱帯炎 全治は不明で宝塚記念は絶望的

昨年、無敗で牝馬3冠を達成したデアリングタクト(牝4歳、栗東・杉山晴)が右前肢繋靱帯炎を発症したこと…

クロノジェネシスはルメールとのコンビで宝塚記念へ 主戦・北村友が負傷のため

【競馬】レイパパレはどこまで強いのか、宝塚記念で牡牝三冠馬との対決が実現


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします