【ボクシング】ロマチェンコ、異名通りの正確無比な技巧で9回TKO勝利 中谷正義は粘りを見せるも完敗

ライト級12回戦で中谷正義に強烈な一打を放ったロマチェンコ(右、2021年6月27日)(C)Getty Images

WBO世界ライト級5位・中谷正義は26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスのヴァージン・ホテルズ・ラスベガスで行われたライト級12回戦に挑み、元3階級制覇王者のワシル・ロマチェンコに9ラウンド1分48秒でTKO負けを喫した。

◆【実際のKOシーン映像】井上尚弥も思わず「凄い…」中谷vs.ロマチェンコ、世界最高峰のテクニックが披露された実際のKOシーン

■井上尚弥もロマチェンコの技巧に驚愕

アマ時代には五輪連覇、プロでも3階級制覇を成し遂げPFPランキングでも最強と評されたロマチェンコだが、2020年10月に行われたテオフィモ・ロペス(米国)との王座統一戦では0-3の判定負け。再起をかけてOPBFタイトルを11度防衛、ここまで19戦18勝(12KO)1敗の中谷と聖地ラスベガスで対戦した。

ノンタイトル戦でありながら、異例の注目度となった試合だが、会場に詰めかけたファンからは序盤から「ロマチェンコ・コール」も巻き起こった。1ラウンドにバッティングで額をカットしたロマチェンコだが、序盤からトリッキーな動きを駆使し、左ストレートを的確に中谷の顔面にヒットさせ試合のペースを掴む。5ラウンド終了間際にはロマチェンコの連打からの右フックで中谷がダウン。本人はダウンの判定に不本意といった表情を浮かべた。続くラウンドでは一気に攻勢に出たロマチェンコが中谷との距離を詰め連打を繰り出すが、中谷も持ち前のタフネスぶりで耐えると、ボディを狙い打ち返していく。

8ラウンド終了時までにロマチェンコの繰り出したパンチの約50%以上が中谷を捉えていたが、9ラウンドではロマチェンコが一気に勝負をかける。右フックを受け体勢を崩し足が止まった中谷は、連打を受けながら何とか踏ん張るが、1分48秒にレフリーが試合を止めTKO負けを喫した。

サイドステップも交えた独特の動き、そして精密機械の異名通りの正確なパンチでダメージを与え続けるというロマチェンコの持ち味が全面に出た試合となった。現地メディアもこの試合結果を次々に速報。“完勝”となったロマチェンコが万全の復帰戦を飾ったと報じている。また、WBA・IBFバンタム級統一王者の井上尚弥も自身のTwitterを更新し、「世界最高峰のテクニックは凄い…」とつづっている。

◆井上尚弥はなぜ“危険な存在”なのか 米メディアはバランス感覚に注目「まるで自動修正機能」

◆井上尚弥、4団体統一へのカウントは残り「1」 パワー、スピード、経験がピークに達した今が充実期

◆井上尚弥、圧勝のダスマリナス戦にドネア「エキサイティング」、カシメロ「それでも俺が勝つ」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします