【ボクシング】井上尚弥、圧勝のダスマリナス戦にドネア「エキサイティング」、カシメロ「それでも俺が勝つ」

ラスベガス2連勝を飾った井上尚弥(2021年6月19日)(C)Getty Images

ボクシングWBAスーパーIBF世界バンタム級王者井上尚弥は19日(日本時間20日)、米ネバダ州ラスベガスのヴァージン・ホテルズ・ラスベガスで行われたWBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチに挑み、IBF1位で指名挑戦者のマイケル・ダスマリナスを相手に3ラウンド2分45秒でTKO勝利を収めた。

井上は2ラウンドに右アッパーから左ボディフックのコンビネーションで1度目のダウンを奪い、3ラウンドに右ストレートから左ボディフックで2度目のダウン。強烈なボディにダスマリナスは苦悶の表情を見せて立ち上がるも、束の間、“モンスター”が獲物を捕らえにかかり、左アッパーと左ボディフックで3度目のダウンを奪ってフィニッシュした。

◆【実際の映像】この強烈な打撃音…井上尚弥の左ボディにダスマリナスは悶絶

■ドネア、カシメロの両王者が井上戦を視察

この日、会場にはWBC王者ノニト・ドネアと、WBO王者ジョンリエル・カシメロが姿を見せ、「井上尚弥vs.ダスマリナス」戦を視察。

試合後にインタビューに応じたドネアは「強い。エキサイティングな試合だった。井上は正確にパンチを当てることができていた。そこが凄い」と、1ラウンドから的確にヒットさせた井上のパンチの精度を称賛。

続けて井上とのリマッチについて聞かれ、「ぜひ対戦したい。今日の試合を見て、もっと自分も強くならないと、と思った」と語り、勝算については「もちろん100%勝てる。ワクワクしている」と自信を覗かせた。

また、井上に挑発を続けているカシメロは「井上は相手にチャンスを与えない試合をした」と評価しつつも、対モンスターについては「俺の楽勝だ。ドネアをやっつけてから、井上もやっつける。早く井上とやりたい。そして誰が一番強いかを見せてやる」と意気込んだ。

両者は8月14日(同15日)に王座統一戦を行う予定。

試合後、井上は「これくらいの試合をしないと、ドネアとカシメロが見に来ているのでアピールできない」と両王者を意識したコメントを残している。

次戦はドネアのリマッチか、あるいはカシメロか。“モンスター”への挑戦権争いが加速している。

◆井上尚弥はなぜ“危険な存在”なのか 米メディアはバランス感覚に注目「まるで自動修正機能」

◆井上尚弥に挑むダスマリナスは「楽勝な相手ではない」 海外メディアが警鐘を鳴らす理由とは

◆「一方通行の試合になる」井上尚弥vs.ダスマリナス戦は4団体統一への“序章”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします