【MLB】大谷翔平、初の月間MVP選出 球宴での二刀流を監督も後押し「球界にとって良いこと」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

大リーグ機構は2日(日本時間3日)、6月の最優秀選手(月間MVP)を発表。ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手がア・リーグの野手部門で選出された。自身初の受賞で、日本人野手ではイチロー(2004年8月、マリナーズ)、松井秀喜(2007年7月、ヤンキース)に続き、3人目となった。

◆大谷翔平の長打力は「図表で確認しても規格外」 6月の全安打を分布図で振り返る

■マドン監督は球宴での二刀流に賛成

6月の大谷は25試合の出場で打率.309、出塁率.423、長打率.889をマークし、長打力とOPSはメジャー全体でもトップ。25安打のうち、本塁打は実に13本を数えた。

前日には13日(同14日)に行われるオールスター戦にDHとしての出場も決定した大谷だが、球団公式サイトによるとマドン監督は「二刀流」での出場を後押しする方針のようだ。

「オールスターでの投打出場に賛成だ。投手としては1イニング、野手としては1打席だけだろうが、みんな二刀流が見たいはず。球界にとっても良いこと」

大谷は本日のボルティモア・オリオールズ戦に「2番・DH」で先発出場。月間MVPを受賞した6月の勢いを持続できるか注目だ。

◆大谷翔平 本塁打王に意欲「高い目標」 リーグ最多の6月13発で月間MVP初受賞

◆大谷翔平の長打力は「図表で確認しても規格外」 6月の全安打を分布図で振り返る

◆大谷翔平は「ナイキの広告に起用されるべき」万能ぶりを発揮で現地から異例の提言

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします