【MLB】圧巻の“大谷翔平劇場”、最後は激走でサヨナラ生還 キング独走の本塁打量産は「ファンのおかげ」

間一髪でサヨナラ生還を果たした大谷翔平(2021年7月2日)(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手が2日(日本時間3日)、本拠地でのボルティモア・オリオールズ戦に「2番・DH」で出場。2打席連続本塁打を放つなど、4打数2安打3打点1盗塁の活躍を見せ、サヨナラのホームも踏んだ。打率は.280。エンゼルスは8-7で勝利し接戦をものにしている。

「打者・大谷翔平」の真骨頂発揮となった、まさに“大谷劇場”と形容すべき大活躍。サヨナラのホームを踏むと渾身のガッツポーズを披露し、本拠地のファンからも熱狂気味にMVPコールが巻き起こった。

【実際の映像】大谷翔平は誰にも止められない 好返球を間一髪でかいくぐった二塁からの激走サヨナラ生還と渾身のガッツポーズ

■オールスター前に早くも今季30号到達

規格外の猛打にエンゼル・スタジアムが揺れた。第1打席は二飛に打ち取られた大谷だが、3回裏に迎えた第2打席では相手左腕・エイキンが内角高めに投じた初球を強振。打球はそのまま右翼スタンドに突き刺さった。さらに続く4回の第3打席では2番手・テイトからレフトへ逆転本塁打。右腕が投じた外角へのシンカーを完璧に捉え、打った瞬間にそれと分かる特大弾となった。

大谷は6月に13本塁打を放ち月間MVPも受賞したが、その勢いは7月も全く衰えず量産体制に突入。オールスター前に早くも今季30号に到達し、松井秀喜がもつ日本人野手最多本塁打記録にもあと1本と肉薄している。

その後、同点で迎えた9回の第5打席では相手バッテリーも勝負を選択せず、敬遠気味の四球で出塁。大谷はこのチャンスを逃さず今季12個目の盗塁を成功させると、4番ウォルシュのライト前ヒットで一気にホームインしガッツポーズ。前進守備のライトが投じた好返球を間一髪のタイミングでくぐり抜け、サヨナラのホームを踏んだ。

試合後、グラウンドで地元メディアのインタビューに応じた大谷は「前回(ヤンキース戦)は打たれてしまったので、今日は何とか自分が取り返したいという気持ちでいきました」と振り返り、本塁打量産体制の秘訣として「今日はいっぱいファンの方にも入ってもらって、気分良く打席に入れたので、そのおかげかと思います」と語った。

◆【実際の映像】大谷翔平は誰にも止められない 好返球を間一髪でかいくぐった二塁からの激走サヨナラ生還と渾身のガッツポーズ

◆【実際の映像】右へ左へ驚愕の2打席連発弾!「言葉では言い表せない」と現地放送局もお手上げ、大谷翔平の今季29号&30号

◆大谷翔平、衝撃の2打席連発で今季30号到達 圧巻の打棒に現地放送局は「言葉では言い表せない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします