【ボクシング】カシメロvs.リゴンドー「8.14」に決定、どうなる“モンスター”井上尚弥の4団体統一ロード

ラスベガス2連勝を飾った井上尚弥(2021年6月19日)(C)Getty Images

WBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、WBA同級王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)の対戦が決定した。米ボクシング専門メディア『ボクシング・シーン.com』が報じたもので、日程は8月14日、会場はカリフォルニア州カーソンのディグニティー・ヘルス・スポーツ・パークになる。

カシメロは当初、8月14日にWBC世界同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との2団体統一戦を予定していたが、カシメロ陣営がドーピング検査の書類提出期限を守らなかったとして、ドネア陣営は6月末に試合をキャンセル。

これを受け、リゴンドーは自身のインスタグラムでドネアに対戦を要求していたが、最終的には以前に浮上していたカシメロとの対戦カードに収まった。

◆井上尚弥、圧勝のダスマリナス戦にドネア「エキサイティング」、カシメロ「それでも俺が勝つ」

■井上「一本ずつ取りに行くか」

気になるのは、WBAスーパーIBF世界バンタム級王者井上尚弥(大橋)が目指す4団体統一戦の動向だ。当初、ドネアとカシメロのうち勝者と井上が4団体のベルトを懸けて対戦するプランが描かれていたが、二転三転した“カシメロ騒動”により、一旦白紙となった。

井上はカシメロの一連の報道を受け、自身のツイッターで「カシメロ君はもう大口を叩く事はないでしょう。ドーピング検査を回避する奴に資格などねぇ」と痛烈に批判。続けて「一本ずつ取りに行くか。まだバンタム級でもやれそうだしちょうどいい」と述べており、当初、一網打尽に4団体統一を目指すプランから、すべての王者と対戦する意欲を示している。

カシメロとリゴンドーのうちの勝者がドネアと対戦し、その先に井上との統一戦が実現するのか。あるいは井上が王者を順番に倒しにかかるのか。いずれにせよ、カシメロvs.リゴンドーの結果から、“モンスター”4団体統一のシナリオが見えてくる。

◆井上尚弥がカシメロを痛烈批判「ドーピング検査を回避するやつに資格などねぇ」

◆井上尚弥、4団体統一へのカウントは残り「1」 パワー、スピード、経験がピークに達した今が充実期

◆井上尚弥が圧勝、“強烈”ボディでダスマリナス悶絶の3ラウンドTKO 「ドネアとカシメロにアピール」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします