【MLB】「オールスターでも投げる」大谷翔平の二刀流出場、マドン監督が明言

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルスマドン監督は5日(日本時間6日)、ボストン・レッドソックス戦の試合前会見に臨み、日本時間14日にコロラド州のクアーズ・フィールドで行われるオールスター・ゲームにおいて、大谷翔平投手が投打の「二刀流」で出場すると明言した。MLB公式サイトが会見の模様を伝えている。

◆【実際の画像】枕全面にプリントされた“6種類のオオタニサン” 誕生日に球場で配布された「大谷枕」を笑顔で抱える水原一平通訳

■ベーブ・ルースも成しえなかった偉業

メジャー史上初めて投打(先発投手部門と指名打者部門)でオールスターに選出された大谷を巡り、マドン監督はア・リーグの指揮を執るキャッシュ監督(タンパベイ・レイズ)と話し合いを持ったことを明言。「結論から言うと、ショウヘイは登板する。ただ、どのように登板させるかは結論が出ていない」とコメントした。これで、指名打者として先発する大谷が投手としてもマウンドに立つという、ベーブ・ルースも成しえなかった球宴での二刀流出場が決定した。

マドン監督は「いろいろな方法があると思う。先発で投げることもあるし、試合の途中から投げることもできる。ただ、彼に何打席くらい打たせるのか。そして、彼が試合前日にホームランダービーに出場することも忘れてはいけない」と、大谷の体調面も考慮し、起用方法については今後探っていくことを強調した。

また、現行のルールでは一度交代した選手の再出場やDH制を維持したままでの登板は認められていないため、特別ルールの設置も検討されそうだ。

■大谷、菊池の母校も歓喜「夢のような話」

今年のオールスター・ゲームにはダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)と菊池雄星(シアトル・マリナーズ)も選出されており、大谷を含めて日本人3投手の豪華競演にも期待がかかる。ダルビッシュは日本ハムで大谷の先輩にあたり、菊池は岩手・花巻東高で大谷の先輩という関係性も注目ポイント。もちろん、日本の同じ出身校の選手が球宴に同時出場するのは史上初であり、花巻東高は公式Facebookに「大谷翔平選手のオールスター史上初の二刀流出場! 菊池雄星投手の初出場! 花巻東高校の共演がメジャーリーグのオールスターで実現することがあるんですか! 夢のような話です!」とつづり、喜びの投稿を行った。

ちなみに、日本人メジャーリーガーを最も多く輩出しているのはPL学園で、4人(桑田真澄、松井稼頭央、福留孝介、前田健太)が海を渡っており、一時代を築いた強豪校の凄みが感じられる。

「大谷vsダルビッシュ」「大谷と菊池の同窓リレー」が実現するのか、今年のMLBオールスターは日本からも熱い視線が注がれている。

◆【実際の画像】枕全面にプリントされた“6種類のオオタニサン” 誕生日に球場で配布された「大谷枕」を笑顔で抱える水原一平通訳

◆大谷翔平の27歳バースデーに祝福の声続々 6種類の顔がプリントされた「大谷枕」も配布

◆大谷翔平に相次ぐ熱視線、メッツ右腕は自虐気味に嫉妬「才能があり、さらにボクよりイケメン…」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします