【競馬】欧州の大種牡馬ガリレオ、23歳で死す 怪物フランケルなどを輩出

英オークスを16馬身差で圧勝したスノーフォールは父ディープインパクト、母父ガリレオという血統 (C)Getty Images

2010年から11年連続で英愛リーディングサイアーを獲得している欧州の大種牡馬・ガリレオは10日、持病の左前脚の負傷から衰弱したため安楽死の措置が取られた。

アイルランドの生産グループ・クールモアが公式サイトで発表したもの。23歳だった。

◆【レース映像】父ディープインパクト×母父ガリレオ、日欧大種牡馬の結晶・スノーフォールの英オークス16馬身差V

■今も欧州を席巻する偉大な血

ガリレオは父に大種牡馬サドラーズウェルズ、母に凱旋門賞馬アーバンシーを持つ良血馬として、2000年にデビュー。英愛ダービー、キングジョージ&クイーンエリザベス2世Sを無敗で制し、3歳にして欧州最強馬に君臨した。ダート初参戦のBCクラシックで6着に敗れ、現役を引退。

2002年からアイルランドのクールモアスタッドで種牡馬デビューし、14戦無敗でGI10勝を誇り「怪物」と言われた名馬フランケルをはじめ、ニューアプローチなど英ダービー馬5頭を含む数々の活躍馬を輩出。産駒は初年度から16世代連続でGIを制している。

今年の凱旋門賞で有力視されている馬にもガリレオの血は多い。ラブは直仔、セントマークスバシリカは母父に、スノーフォールは父がディープインパクトで母父にガリレオという血統だ。

また、後継種牡馬も続々と成功しており、フランケルは日本でオークスを制したソウルスターリングナサニエルは凱旋門賞2勝のエネイブルなどを輩出し、その血は世界の競馬へ脈々と受け継がれている。

◆「近代では指折りの圧勝劇」ディープ産駒・スノーフォールの16馬身差Vに現地メディアも驚愕

◆欧州のディープ産駒・スノーフォール、名牝エネイブル以来の英愛オークス制覇を狙う

◆グランプリ3連覇のクロノジェネシス、凱旋門賞参戦 サンデーR代表「これなら行っていい」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします