【MLB】大谷翔平、見せ場なく3打席連続三振 エンゼルスは投打振るわず完封負け

エンゼルス・大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、敵地でのオークランド・アスレチックス戦に「2番DH」でスタメン出場。3三振を喫するなど3打数無安打で打率は.274となった。エンゼルスは前日に続き打線が低調。投手陣も失点を重ねるなどいいところなく0-6で敗れ、3連敗となっている。

◆【実際の映像】ストライクゾーンの判定に不満? マドン監督、審判に激昂し退場を宣告された猛抗議の一部始終

■得意の“登板翌日”出場も快音は聞かれず

大谷は第1打席こそ四球で出塁したが、その後の2打席では相手先発・カプリーリアンの前に空振り三振。得点圏に走者を置いて迎えた7回表の第4打席でも、2番手・ロモの前に空振り三振に倒れ3打席連続三振を喫した。

今季の大谷は登板翌日の野手出場で6本塁打を放っていたが、この日は相性の良さを発揮できなかった。

◆大谷翔平、夢の60発達成へのカギは「トラウタニ」再結成 待たれる現役最強打者の復帰

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

◆大谷翔平は「ナイキの広告に起用されるべき」万能ぶりを発揮で異例の提言

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします