【アイビスSD/枠順】19年覇者ライオンボスは6枠12番、注目の8枠には人気薄3頭が入る

第21回・アイビスサマーダッシュ(GIII、芝1000m)の枠順が23日、JRAより発表された。

3年連続の出走となる19年の覇者ライオンボスは6枠12番、3歳馬モントライゼは3枠6番に、韋駄天ステークス覇者タマモメイトウは4枠8番に、オーシャンステークス4着のヒロイックアゲンは2枠3番に入った。

◆【アイビスサマーダッシュ2021予想/脚質傾向】韋駄天Sを快勝したタマモメイトウ、持ち味の追込み脚質は複勝率4.3%と不調

■百獣の王ライオンボス19年の再現なるか

上位人気が予想されるライオンボスロードエースの6枠は、過去10年で【1-2-2-15】とまずまずの成績。一方ライオンボスにとっては19年に勝ち星を挙げている好枠で奪還に期待がかかる。

なお、モントライゼが入った3枠は過去10年で【0-0-0-17】と一度も馬券に絡んだことがない。

■千直に欠かせない8枠には人気薄3頭が入る

最も馬券に絡み、有利とされている8枠を読み解くと、勝利を挙げているのは18年ダイメイプリンセス(1人気)、17年ラインミーティア(8人気)、15年ベルカント(1人気)、12年パドトロワ(7人気)の4頭で比較的人気のない馬も勝利を挙げている。

今年8枠に入った、セピアノーツルドラクシャロジクライの3頭はそこまで人気を背負わずレースを迎えられそうで、今年は8枠の馬が波乱の使者となりそうだ。
※ロジクライは出走取消が発表されております。

◆【アイビスサマーダッシュ2021予想/前走ローテ】3年連続出走のライオンボス、昨年からの巻き返しを後押しするデータとは

◆愛オークス圧勝のディープ産駒・スノーフォール、次走は凱旋門賞“王道ローテ”の8月ヨークシャーオークス

◆サンデーR吉田代表 クロノジェネシスの凱旋門賞前向き「これなら行っていい」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします