【東京五輪/体操】鉄棒・橋本大輝が個人総合に続き2冠 内村がいたら「間違いなく金」

体操男子の個人種目別・鉄棒決勝で金メダルの橋本大輝(C)ロイター/Lisi Niesner

東京五輪は3日、体操男子の個人種目別・鉄棒の決勝を行い、橋本大輝が15.066点で金メダルを獲得した。橋本は個人総合に続き、今大会2冠を達成した。7月26日に行われた男子団体では銀メダルを獲得している。

◆【実際の動画】男子個人総合と合わせて2冠を達成 高得点を叩き出した橋本大輝の「伸身の新月面宙返り」

■内村は「まだ越せているかわからない」

2位はティン・スルビッチ(クロアチア)で14.900点、3位はニキータ・ナゴルニー(ロシア・オリンピック委員会)で14.533点。北園丈琉は鉄棒から落下したことが響き、12.333点で6位だった。

橋本は表彰式後のインタビューで、「いつも通りを出すために準備してきて、今大会それがうまく行った」と語った。目標にしてきた内村航平に触れ、「まだ越せているかわからないが、この場にいたら間違いなく金メダルを取ってくれると思うので、早く追いついて越せるよう頑張りたい」と話した。

■「誹謗中傷が少なくなることを願って」

橋本を巡っては個人総合跳馬の採点を批判する書き込みがソーシャルメディアに相次いだ。

自身のツイッターに「東京オリンピックという舞台で疑惑の判定となってしまう演技をしてしまったことは申し訳ありません」と投稿。審査員が客観的な採点で評価しているとした上で、「努力してきたアスリートを認め、称賛する人が増え誹謗中傷とみられる行為を行う人が少なくなることを願っています」と訴えている。

橋本は千葉県成田市出身の19歳。兄2人の影響で6歳で体操を始めた。高校3年で初出場した世界選手権では団体で3位を獲得した。

◆体操個人総合・橋本大輝が逆転の金メダル 内村航平の後を継ぎ頂点

◆村上茉愛が銅メダル獲得、体操女子57年ぶりの快挙「これ以上ないデキ」

◆君臨し続けた王者・内村航平 まさかの落下 「土下座したい」

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします