浦和レッズ、開幕から5試合勝利なし…柏木陽介が語る、キャプテンとしての責任と覚悟

昨季のアジア王者が危機的な状況にある。J1リーグ第5節まで終わった時点で、浦和レッズは2分3敗の17位。大きく出遅れたクラブは堀孝史監督の契約解除を発表した。

苦境に立たされたチームでキャプテンを務める柏木陽介選手が、4月1日にインスタグラムを更新して「全てはキャプテンの自分の責任」と苦悩をつづっている。

現在のチーム状態について柏木選手は、「チームをまとめれない、落ち着かせられない、コントールできない」と浮足立っている様子を語り、「みんな不満ですよね」とファンの心情を慮った。

(c)Getty Images

どん底から這い上がるために逃げない

自分自身も情けなく感じているという柏木選手。浦和在籍9年目を迎えて、「チームのためにできるなら」とキャプテンを引き受けた責任を受け止め、「ここでキャプテンを辞めて、逃げるのはめちゃくちゃ簡単なことやと思う。こっから這い上がりたい。這い上がらせたい」とチームの建て直しに尽力する決意を示した。

浦和が好きだとクラブへの愛を語る柏木選手は、「浦和でサッカー人生を終わらせたいと思ってます。頑張らせてください」とファンの理解を求め、最後は「笑顔で終われるようにしたいと思う」と逆襲を誓った。

キャプテンの必死な思いにファンも応え、「絶対に笑って振り返る日が浦和には来るから、だから頑張ろう」「みんな信じてるから!兎に角、ゴールだけを見て一試合一試合取り組んで!」「陽介を俺は信じる! キャプテンだから何かしないとと気負いすぎると空回りするから、まずは自分のプレイに専念して!」「応援してます!頑張って頑張って頑張ってください。それをサポートするのが、私たちサポーターの仕事です!」など励ましていた。

全てはキャプテンの自分の責任。 チームをまとめれない、落ち着かせられない、コントールできない。 みんな不満ですよね。 自分自身も情けなくて仕方ないです。 浦和に来て9年目になり、そろそろ自分も浦和の一員として、チームのためにできるなら、キャプテンになろうと決心しました。 ここでキャプテンを辞めて、逃げるのはめちゃくちゃ簡単なことやと思う。 こっから這い上がりたい。 這い上がらせたい。 なぜなら浦和が好きで浦和のためだけに闘っていきたいと思ってるから。 必要ないと思う人もおるかもしれへんけど、浦和でサッカー人生を終わらせたいと思ってます。 頑張らせてください。 ここからの連戦死ぬ気で闘います。 サポート、応援よろしくお願いします。 またこんな笑顔で終われるようにしたいと思います。 #浦和レッズ#柏木陽介

A post shared by 柏木陽介 (@yosuke_kashiwagi) on

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします