【プロ野球/26日予告先発】リーグ制覇に王手のヤクルト、高梨裕稔が大一番のマウンドへ

プロ野球はセ・パ6球団3試合が行われる。

セ・リーグ制覇に王手をかけるヤクルト高梨裕稔が先発。今季DeNA戦は3先発し2勝1敗、防御率2.93と試合を作っており、大一番を任された右腕の全力投球に期待がかかる。

逆転Vのために負けられない阪神は、青柳晃洋が最終戦のマウンドへ。今季24試合に登板しハーラートップとなる13勝を挙げている。虎の命運を託された右腕は、優勝へ望みを繋ぐ勝ち星を挙げられるか。

◆阪神、今季最終戦からの逆転優勝はあるのか ヤクルトとのセ界制覇ラインを占う

札幌ドームでは日本ハムと西武が対決。日本ハム先発は上沢直之。9月16日の西武戦では8回1失点の好投を披露しチームを勝利に導いた。今日も前回同様の安定したピッチングを見せ、リーグ2位タイとなる13勝目を挙げられるか。

対する西武與座海人が先発登板。1日の日本ハム戦では5回を投げ無失点の安定したピッチングを見せた。本日も日本ハム打線を抑え、最終戦を勝利で締めくくりたい。

そのほか、26日全3試合の予告先発・試合時間は以下の通り。

■セ・リーグ

DeNA-ヤクルト

明治神宮野球場
試合時間:17:45
予告先発
 デ:今永昇太[防御率2.77、5勝4敗]
 ヤ:高梨裕稔[防御率3.72、4勝1敗]

阪神-中日

阪神甲子園球場
試合時間:18:00
予告先発
 神:青柳晃洋  [防御率2.51、13勝5敗]
 中:小笠原慎之介[防御率3.80、7勝10敗]

■パ・リーグ

日本ハム-西武

札幌ドーム
試合時間:18:00
予告先発
 日:上沢直之[防御率2.95、12勝6敗]
 西:與座海人[防御率3.31、1勝1敗]

◆阪神・青柳「集大成」 26日最終戦・中日戦先発 頼れる右腕が大逆転V導く

◆日本ハム 谷口雄也が現役引退「11年間、本当に幸せでした」剛力似でも話題に

◆大躍進ヤクルトが警戒すべきは「捨て身の巨人」 理論派OB・秦真司が警鐘を鳴らす“CSの落とし穴”

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします