【ゴルフ】賞金ランク首位の稲見萌寧が欠場 渋野日向子は同じ「黄金世代」の勝みなみと同組  「樋口久子 三菱電機レディス」29日開幕

稲見萌寧(C)Getty Images

女子ゴルフ国内ツアーで今季8勝をマークしている稲見萌寧が、29日開幕の「樋口久子 三菱電機レディス」(埼玉・武蔵丘GC=パー72)を欠場することが決まった。稲見は前週の「NOBUTAグループ・マスターズGCレディース」最終日を腰痛で棄権していた。

賞金ランキングで首位に立つ稲見だが、2週連続優勝で賞金ランク2位に浮上した古江彩佳が猛追。その差は、約2200万円に接近している。終盤に入り、賞金女王を巡る争いが混とんとしてきた。

◆【実際のインスタ】腰を押さえるモノクロ写真で三菱電機レディスの欠場を報告する稲見萌寧

■インスタに腰を押さえる写真をアップ

稲見は26日に自身のインスタグラムを更新。腰を押さえるモノクロ写真をアップし、腰痛による次戦欠場を報告。「なるべく早く治して皆様の前で良いプレーができるように最善を尽くします! これからも応援よろしくお願いします」などと投稿した。

稲見は前週の「NOBUTAグループ・マスターズGCレディース」最終日を棄権。「朝起きて動けなかった」と話し、腰に痛みがあることを明かしていた。

稲見は今季8勝を挙げ、獲得賞金は約2億1449万円。賞金ランキングトップに立ち、一時は独走態勢に入っていたが、ここに来て2週連続優勝の古江が急上昇。その差は約2200万円になっている。さらに、今週の「三菱電機レディス」で古江が優勝し、賞金1440万円を加えれば、さらに接近する。

SNS上では、稲見の賞金王獲得に期待する声がある一方、「無理しないほうがいい」というコメントも目立つ。症状が落ち着き、来月4日からの「TOTO ジャパンクラシック」で復帰してくれることを祈るばかりだ。

■前回王者の西村と3週連続V狙う古江が同組

10月最後の大会となる「三菱電機レディス」だが、予選ラウンドの組み合わせが発表されている。3週連続優勝を狙う古江はディフェンディングチャンピオンの西村優菜、19年のチャンピオンである鈴木愛とペアリング。前週まさかの予選落ちとなった渋野日向子は、同じ「黄金世代」で今季2勝の勝みなみ、初優勝を目指す西郷真央とラウンドする。

12月に米女子ツアー最終予選会に参戦する渋野としては、前週の屈辱を晴らすとともに、来季の米ツアー参入に向けて、調子を取り戻していきたいところだ。

◆女王レースに影響も…賞金1位の稲見萌寧が腰痛で涙の棄権 「朝起きたら動けなかった」

◆「最も素晴らしい1年」「ミッション達成」松山英樹の凱旋優勝を米メディアも称賛

◆来年から女子ツアー放映権はすべてJLPGAに帰属確定 試合はどこで見られる?

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします