【フィギュア】羽生結弦が右足関節靱帯損傷でNHK杯欠場 「怪我をしてとても悔しい」

写真は2020年、全日本選手権で演技する羽生結弦 (C)Getty Images

日本スケート連盟は4日、フィギュア男子の羽生結弦ANA)が右足関節靱帯損傷のため、グランプリGP)シリーズ第4戦のNHK杯を欠場することを発表した。

NHK杯を欠場したことにより、グランプリ・ファイナルの出場も絶望的となった。

◆【フィギュア】明日への活力を届けるエンターテイナーとしての羽生結弦を見た

■「できることに全力で取り組む」

羽生は「NHK杯にむけて全力で取り組んできましたが、たった一度の転倒で、けがをしてしまい、とても悔しく思っています。今回の怪我からも、また何かを得られるよう、考えて、できることに全力で取り組みます」と連盟と通じてコメントを寄せた。

人類史上初となる4回転半ジャンプへの挑戦と、五輪3連覇への期待が高まる中でのアクシデントなだけに、今後の羽生の動向に注目が集まる。

◆青少年の「好きなスポーツ選手」ランキングが発表。1位は大谷翔平、2位は羽生結弦がランクイン

◆五輪シーズン、羽生結弦が掲げたテーマは「できること。一つずつ」 GPシリーズへ向けて意気込み語る

◆王者の風格を纏う羽生結弦と新星・鍵山優真の存在感 世界選手権の氷上で夢を見る

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします