【BCフィリー&メアターフ】ラヴズオンリーユーが歴史的V 世界の強豪馬をねじ伏せ日本調教馬初のBC制覇

BCフィリー&メアターフを制したラヴズオンリーユー(C)ロイター

米・ブリーダーズカップ諸競走は6日(日本時間7日)、カリフォルニア州のデルマー競馬場で行われ、第7Rのフィリー&メアターフ(GI、芝2200m)でラヴズオンリーユー(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝した。鞍上は川田将雅騎手。

◆【実際のレース映像】世界の強豪馬が叩き合うなか、馬群を割ってラヴズオンリーユーが豪快差し切りV

■日本調教馬初のBC優勝

ラヴズオンリーユーは道中、先行集団を見る位置の4番手を追走。最終コーナーで早めに動いたラブ(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)、これを外からウォーライクゴッデス(牝4、米・W.モット厩舎)が追いかけ、さらにマイシスターナット(牝6、米・C.ブラウン厩舎)が叩き合いに持ち込む、3頭の直後からラヴズオンリーユーが馬群を縫うように末脚を伸ばし、ゴール前で差し切った。

勝ち時計は2分13秒87(良)。半馬身差の2着にマイシスターナット、2着馬にアタマ差の3着にはウォーライクゴッデスが入線した。

勝ったラヴズオンリーユーは、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(母父Storm Cat)。2019年のオークス、今年4月の香港・クイーンエリザベスII世Cに続くGI3勝目。

ブリーダーズカップ諸競走への日本馬挑戦は1996年のBCクラシックに参戦したタイキブリザード(13着)から始まり、フィリー&メアターフは過去、マルターズスパーブ13着、レッドディザイア4着、ヌーヴォレコルト11着と、4着が最高着順。今回、ラヴズオンリーユーの勝利は、日本調教馬として初のブリーダーズカップ優勝となった。

◆【速報/BCディスタフ】日本調教馬マルシュロレーヌが大金星 矢作厩舎はラヴズオンリーユーに続く同日BC2勝目

◆【アルゼンチン共和国杯2021予想/追い切りジャッジ】オーソリティを上回るS評価は「絶好の状態」の盲点

◆【アルゼンチン共和国杯2021予想/データ攻略】勝負駆けを匂わす人気の盲点 「コンビ結成」で課題克服へ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします