【プロ野球/セ・リーグCS】対戦成績は互角も、ヤクルト奥川恭伸には“地の利”あり 両軍のキーマンを考察

▼セ・リーグCS対戦カード

■11/10〜:ヤクルト vs 巨人(神宮球場)

◆【パCS展望】投手4冠・山本由伸に忍び寄る不吉なデータ 京セラでのロッテ優位を跳ね返せるか

■巨人・丸は“逆シリーズ男”返上となるか

今季の対戦成績は11勝11敗3分と互角の戦い。神宮球場でも5勝5敗だが、シーズン前半に巨人が5連勝の後、ヤクルトが5連勝と極端な成績となっている。

ヤクルトは初戦に高卒2年目で9勝をマークした奥川恭伸が先発。今季の巨人戦は2試合に先発して2勝0敗、対戦防御率2.77と相性がよく、神宮球場も8試合で5勝1敗と得意の舞台だ。2戦目以降は小川泰弘(今季の巨人戦は4試合で2勝1敗、対戦防御率5.49)らが予想されるが、石川雅規高橋奎二の両左腕は今季の巨人戦で勝ち星がなく、後半戦からリリーフに回った田口麗斗スアレスらの起用法も注目される。攻撃陣は村上宗隆が対戦打率.348、8本塁打、25打点、サンタナが同.310、8本塁打、19打点と打線のキーマンになりそうだ。

巨人は初戦の山口俊に続き、2戦目は菅野智之、3戦目はメルセデスと3戦目までの先発を明言。注目はファーストステージ初戦から中4日での先発となる菅野で、今季のヤクルト戦は4試合に先発して2勝0敗、防御率0.39。神宮は18年のCSファーストステージでノーヒットノーランを達成したこともあるゲンのいい球場だ。打撃陣は岡本和真の出場が微妙な状況だが、代役の4番を務める丸佳浩が対戦打率.368、7本塁打、17打点とヤクルトは最も得意とする相手だ。

(成績は11月9日時点)

◆元同僚が鈴木誠也のメジャー移籍を後押し「素晴らしい男。彼の性格は米国でもうまくやっていける」

◆引き分けを挟む10連敗の巨人が、CSファーストステージで勝ち上がった要因は……

◆史上初の新人ダブル受賞 セ・リーグ月間MVPに阪神・伊藤将とDeNA・牧を選出

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします