【ダンス】熱量と厚みを増した2年目のDリーグ セカンドシーズンは待望の有観客で開幕

SEGA SAMMY LUX(C)D.LEAGUE 21-22

D.LEAGUE(Dリーグ)のセカンドシーズンが始まった。今年7月に幕を閉じたファーストーズンから約3カ月のシーズンオフを経て、昨シーズンの9チームに更に新規の2チームが加わり、全11チームというボリュームでのスタートだ。

なんといっても、9月30日での緊急事態宣言が明けたため、11月14日、会場の東京ガーデンアリーナには観客の姿があった。未だ座席は半数の開放、拍手はOKだが声援はNGという縛りはあったが、ライブで演技が見られることを待ち望んでいた観客の喜びで、会場には暖かでハッピーなオーラが充満し、足を踏み入れた瞬間、自然に笑顔がこぼれる。

2年目のDリーグへの期待がいやがおうにも高まると共に、あらためて、ファーストシーズンのほとんどを無観客で頑張ってきた全Dリーガー達の心持ちを想い、労いと感謝の気持ちで胸がいっぱいになるのを感じていた。

2年目に入り、様々な進化を遂げたDリーグだが、今季から、ファーストシーズンでは有料会員のみに許されていたオーディエンスジャッジとしてのポイント投票が無料会員にまで解放され、より広範のダンスファンから直接の意向が汲み取られるようになった。これまでも、審査の最後に付加されるオーディエンスジャッジによって順位が入れ替わることは何度かあったが、インターネットを介し日本中、いやもしかしたら世界中のダンスファンからの清きオーディエンス票が投票され、最終結果に反映されるのだから、今後はさらに予断をゆるさないスリリングな展開となるだろう。

◆“ダンスの救世主”カリスマカンタローかく語りき 「絶対やり遂げてから死ぬ」覚悟

■ラウンド1はDREAMSとLUXの同点優勝

KADOKAWA DREAMS(C)D.LEAGUE 21-22

セカンドシーズンのラウンド1は、新規参加チームのdip BATTLESを皮切りに、SEPTINE REPTURES、Benefit one MONOLIZ、USEN-NEXT I’moon、KADOKAWA DREAMS、avex ROYALBRATS、CyberAgent Legit、LIFULL ALT-RHYTHM、FULLCAST RAISERS、KOSE 8ROCKS、SEGA SAMMY LUXの順番でパフォーマンスが行われた。この日の11チームは、先日開催されたプレスカンファレンスでのお披露目で感じた以上に、いよいよ各チームの個性が際立ち、全Dリーガーの「“自分たちの踊り”を踊りきる」という熱い想いと、決意のみなぎりが伝わる、素晴らしい演技が繰り広げられた。

ここで、全ての演技について詳細にご紹介したいところだが、膨大な長さになってしまいそうなので、今回同点優勝となった2チーム、KADOKAWA DREAMSSEGA SAMMY LUXに触れてみたい。

5番手となったKADOKAWA DREAMSは、チーム紹介欄でも「見た目もダンススタイルもバラバラ」と謳っている通り、個性溢れる男女混合のメンバーで、総勢16人という大所帯。そこから、ラウンド1のために選ばれた8名がダークスーツにハットという、通常の彼らのイメージを払拭するようなシックな出で立ちで登場し、彼らの得意とするストリート感あるヒップホップスタイルから一転、大人のテイストを身に纏い、ジャズもバレエもフュージョンされた新しい「DREAMS」を見せてくれた。

表現の幅と奥行きの深さが増し、見るものを惹き込む独特の世界観に、レギュラー・エンターテイナージャッジのテリー伊藤氏も「成長した」と絶賛。「練習中、ハットの角度、ジャズの音嵌めのタイミング等、とにかく一挙手一投足のクオリティを上げることに専念した」というDREAMS。メンバーのMINAMIが放った「自分たち格好いい!と言える踊りが踊れました!」の言葉通り、総得点93点という高得点で1位に輝いた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします