【MLB】がん克服のオリオールズ・マンシーニにカムバック賞 MVP大谷翔平はダブル受賞ならず

がんから復活したオリオールズ・マンシーニ(C)ロイター

MLB機構は22日(日本時間23日)、今季のカムバック賞を発表し、ア・リーグ部門でボルチモア・オリオールズトレイ・マンシーニ内野手が選出された。大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス)は受賞を逃した。

ナ・リーグでは、バスター・ポージーサンフランシスコ・ジャイアンツ)が選出。

◆がんから復活果たした大リーガーの告白…人知れず再発の恐怖と戦った2週間

■ホームランダービーでは決勝進出

同賞は故障や不振からの復活を果たした選手が対象となり、MLB公式サイトの番記者30名によって選出される。マンシーニは2020年3月に結腸がんの手術を受け昨季全休。2年ぶりに復帰した今季は開幕戦から「2番・一塁」で先発出場し、最終的には147試合出場で21本塁打、71打点を挙げた。

マンシーニは7月12日(同13日)に開催されたホームランダービーでも、マット・オルソンオークランド・アスレチックス)、トレバー・ストーリーコロラド・ロッキーズ)を破り決勝に進出。1本差でピート・アロンソニューヨーク・メッツ)に優勝を譲ったものの、多くのファンを魅了した。

◆メッツ・アロンソが史上3人目のHRダービー連覇 3戦合計74発で激戦を制す

◆大谷翔平、契約延長は“不透明”と米紙が懸念するワケ トラウト級の長期契約締結はあるのか

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします