【香港ヴァーズ】グローリーヴェイズが1番人気に応えて2年ぶりのV

12月12日、香港・シャティン競馬場で開催された第4R・香港ヴァーズ(GI、芝2400m)は、道中最後方を進んだ1番人気のグローリーヴェイズ(牡6、美浦・尾関)が直線外からまとめて差し切って、一昨年以来2度目の優勝を達成。

◆【実際の動画】グローリーヴェイズが2年ぶりの勝利 1番人気に応えてのV

■勝ちタイムは2分27秒07(良)で2年ぶりの勝利

勝ちタイムは2分27秒07(良)で、鞍上はJ.モレイラ騎手。1馬身差の2着は4角出口で先行2騎を捕まえて先頭に立ち、残り50m付近まで頑張った2番人気の英国馬・パイルドライヴァー、2着に2馬身半差の3着は2着馬を追いかけて粘り込んだ5番人気の仏国馬・エベイラ。(人気はJRA独自のオッズによる)

▽JRAでの配当
単勝2 160円
馬連1-2 280円
馬単2-1 440円
3連複1-2-8 590円
3連単2-1-8 1530円
(2.グローリーヴェイズ、1.パイルドライヴァー、8.エベイラ)

▽【グローリーヴェイズ】
父ディープインパクト
母メジロツボネ
母父スウェプトオーヴァーボード
※近親に地方交流重賞の川崎記念を勝ったフィールドルージュ。曾祖母は牝馬三冠(当時)を達成したメジロラモーヌ。
通算17戦6勝(重賞4勝目)

※レースの成績、払戻金等については万全を期すため主催者発表のものとご照合ください。

◆【香港ヴァーズ/3連複10点勝負】ステイフーリッシュに父子制覇の好機 穴は“下位人気”の香港馬

◆【香港マイル/3連単36点勝負】香港最強馬の「1強」に断 “大金星”の可能性を秘めた日本馬とは

◆【香港カップ/3連単12点勝負】ラヴズオンリーユーの有終Vに“刺客” 日本馬2騎に巻き返し余地あり

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします