【ボクシング】井上尚弥が見せた王者の矜持 海外ブックメーカーはモンスター勝利に衝撃の“鉄板オッズ”設定

前日会見での井上尚弥(左)とアラン・ディパエン(C)PXB PARTNERS

WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥は14日、両国国技館でIBF世界バンタム級5位のアラン・ディパエン(タイ)を迎えて防衛戦を行う。

井上にとっては約2年ぶりとなる国内での防衛戦。目標とする4団体統一に向けて、完勝が求められる一戦だ。また、本大会「PXB WORLD SPIRITS(ピーエックスビー・ワールド・スピリッツ)」は、日本ボクシング界において新たな取組みとなるPPVでの配信となる。

13日に都内で行われた記者会見で井上は、「危なげなく、いつも通り、しっかりと勝つだけ」と平常心を強調している。また、海外ブックメーカーは井上勝利は間違いないと予想し、“鉄板オッズ”を設定している。

◆「井上尚弥vs.アラン・ディパエン」12月14日 両者の戦績、試合結果、中継情報一覧

■「素晴らしい試合をお見せする予定」

この日の会見で井上は「2年ぶりの日本での試合になるので、自分自身もすごく楽しみにしている」と語り、「素晴らしい試合をお見せする予定」とチャンピオンとしての矜持をのぞかせた。

一方で対戦相手のディパエンも「明日は絶対いい試合になりますよ」と闘志充分。「体はバッチリ。心配なことはない」と万全ぶりをアピールした。

井上にとって今回の防衛戦は、来春のビッグマッチ、そして悲願である4団体統一に向けての通過点。実績面でもディパエンを上回っているモンスターに対して、海外ブックメーカーは“鉄板オッズ”を設定し、その勝利を確実視している。

大手ブックメーカー「Bet365」は、井上勝利に「1.02」、ディパエン勝利に「11.00」のオッズを設定。計算上は、井上勝利に1万円を賭けたとしても、わずか200円のプラスにしかならない。両者には圧倒的な実力差があるという見方だ。

日本のファンにとっては実に2年ぶりとなる国内防衛戦。「期待や想像を超える勝ち方をしていきたい」と意気込む井上だが、明日はどんなファイトを見せてくれるのか。

◆“勝ち方”を追求する井上尚弥 ディパエンの挑発も一蹴「このくらい気合が入っていないと」

◆井上、井岡に続く日本人は誰だ? 海外専門誌が“日本選手限定”PFPランキングを発表

◆井上尚弥、いよいよ2年ぶり国内防衛戦へ 来春に向けて求められるのは“完勝”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします