【フィギュア】羽生結弦、4A未完も日本で最後の雄姿か「あと何回この景色が……」と2連覇後にコメント

北京五輪代表入りを決めた羽生結弦(C)Getty Images

羽生結弦の演技はこれが最後なのか……。

北京五輪予選を兼ねた第90回全日本フィギュアスケート選手権大会は競技4日目の26日、男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、ソチ・平昌オリンピック金メダリストの羽生結弦が211.05点を記録、ショートプログラム(SP)との合計322.36点で昨年に続き2連覇を果たした。羽生の全日本制覇は6度目、これで北京五輪出場を確実にした。
◆全日本選手権男子シングル、羽生結弦が2連覇 6度目の優勝で北京五輪へ

■日本で観られるのはこれが最後

驚きの羽生のコメントは演技後に発せられた。

6分間練習前から泣きそうで…。あと何回こういう景色が見られるだろう」とコメント。

大会が行われたさいたまスーパーアリーナにはこの日、早朝4時半から並ぶファンの姿が……。そのファンからは、4回転アクセルを成功させる「歴史的瞬間を見たい」という声が聞かれる中、「日本で観られるのはこれが最後かもしれない」という見方も出ており、羽生の今シーズン初めての姿が、同時に「最後」との認識も多いようだ。

これに羽生のコメントを重ね合わせると、北京五輪の結果にかかわらず、羽生の現役引退が見え隠れする。

羽生自身、目標としていた4回転アクセルについて、この日のFSで着氷はしたものの、「成功」とは言えない未完のまま。やはり、ファンとしては「4A」の完成まで、その姿を見つめ続けたいもの。

果たして、羽生の心づもりは……。まずは北京での活躍を見守りたい。

◆男女シングル 滑走順、結果・順位速報、中継情報一覧

◆羽生結弦がSPで今季最高点=中国ネット「フリーで4A成功祈る」「歴史を変えるのはあなた」

◆羽生結弦の〝クワッドアクセル着氷〟ロシアで絶賛 名将「私が生きているうちは無理」の直後に決めた

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします