“氷上のプロポーズ”で有名な「井上怜奈・ボルドウィン」ペアってどんな2人?

五輪や世界選手権で活躍した男女のフィギュアスケート選手がペアを組み、その後に結婚。

ここまでであれば普通にありそうな話だが、「演技後にリンク上でプロポーズしたペアがいる」という映画のような話をご存知だろうか。

それが、かつて活躍した「井上怜奈選手とジョン・ボルドウィン選手」のペアだ。

五輪や世界選手権に出場した2人がペア結成

井上さんは、1976年10月17日生まれの兵庫県西宮市出身。ボルドウィンさんは、1973年10月18日生まれでのアメリカ合衆国・テキサス州ダラス出身だ。

井上さんは、中学3年生だった1992年に小山朋昭さんとペアを組んでアルベールビル五輪に出場し、日本人最高位の14位に。

ボルドウィンさんは、 1990~1991シーズンに全米選手権ジュニアクラスの男子シングルで優勝するなど、それぞれ活躍していた。

(c)Getty Images

2人は2000~2001シーズンよりペアを結成。 2001~2002シーズンでは全米選手権で4位、 2005年~2006年シーズンの四大陸選手権では見事に優勝を成し遂げた。

フリー演技後にリンク上でプロポーズ

(c)Getty Images

その後、2人はカップルとなり、 2007年の世界選手権で引退を発表。しかし、その直後に引退を撤回し、2008年の全米選手権で2位の成績をおさめている。

そして、同大会のフリー演技後に、ボルドウィンさんは井上さんにひざまづきながらプロポーズする。

井上さんの両手を握って「結婚してくれますか?」と問いかけると、「はい」と返答され、プロポーズは大成功。後に語り継がれるようになった伝説の「氷上のプロポーズ」の瞬間だった。

結婚後もペアの現役選手だったが2010年で引退

2人は結婚後もペアの現役選手として活躍していたが、 バンクーバー冬季五輪予選を兼ねたフィギュアスケートの全米選手権で落選。この演技を最後に引退を表明した。

2人はSNSなどで情報を発信することがないため、現在の状況は明らかになってはいなかった。しかし、2015年に井上さんが男子フィギュアスケートのクリストファー・カルザ選手のインスタグラムに登場。久しぶりに公に姿を見せている。

井上さんは、スケートリンクで子供と手をつないで写真に写っている。久しぶりの姿にファンも反応し、「うわー!玲奈さん!そして娘さん、可愛い」「れなちゃん幸せそうでよかった」などといった声が寄せられていた。

今後は、ボルドウィンさんも含めた家族全員で姿を見せてくれることを期待したい。

≪関連記事≫

小芝風花はスケートで“野辺山合宿”にも参加!高橋大輔との意外な繋がりとは?

高橋大輔の現役復帰を後押しした選手とは?

高橋大輔の活躍を海外ファンも称賛…「気が変わって国際舞台で見られることに期待」の声も

堂安律と霜降り明星・粗品の顔が似ていると話題!共に関西出身のスーパースターで日本の新エース

中澤佑二の安室ちゃん愛がすごい…あえて「聖地巡礼はしない」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします