“怪物”ロナウドも期待する新怪物、ガブリエル・ジェズスの2018年は「特別な年」になるか

元ブラジル代表FWで、インテルやレアル・マドリードでも活躍したロナウドさんが、4月3日にインスタグラムを更新してブラジル代表の後輩ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)の誕生日を祝福した。

まさに”怪物”だったロナウド

現役時代に爆発的な加速力と足元の技術、高い得点能力を兼ね備え『フェノーメノ(怪物)』と呼ばれたロナウドさん。2002年の日韓ワールドカップの際、大五郎カットで話題になったため、サッカーファン以外の人も彼のことは知っているだろう。

(c)Getty Images

“怪物”の異名を継ぐ男、ガブリエル・ジェズス

そして現在、彼の”怪物”の異名を継ぐと期待されているのがガブリエル・ジェズス選手だ。ジェズス選手も英紙『ザ・サン』のインタビューで、「参考にしている選手はロナウド。常に彼からは学んでいる」と答えたことがある。

3月27日に行われたドイツ代表との国際親善試合では、マルセロのクロスを頭で決め先制ゴールを奪ったジェズス選手。そのまま1-0で試合が終了し、ブラジルは前回ワールドカップ(W杯)で1-7の大敗を喫した相手に雪辱を果たした。

ロシアW杯に向けブラジルの悪夢を振り払ったジェズス選手に、「今年は君にとって特別な年になる」とロナウド選手も期待する。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします