【北京五輪/フィギュア】坂本花織、女子12年ぶりのメダルは銅 金はシェルバコワ、ワリエワは4位

坂本花織(C)Getty Images

北京五輪のフィギュアスケートは17日、女子シングルのフリースケーティング(FS)が行われ、ショートプログラム(SP)3位スタートの坂本花織は自己ベストを大きく更新する153.29点と、SPとの合計233.13点で銅メダル。女子のメダル獲得は、2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央以来12年ぶり。

金メダルに輝いたのは、アンナ・シェルバコワ(ROC)。華麗な演技で175.75点、合計255.95をマークした。銀メダルはアレクサンドラ・トルソワ。渦中のカミラ・ワリエワはSP首位でFSに挑んだが、転倒が響き4位に終わった。

五輪初出場の樋口新葉は5位、河辺愛菜は23位で大会を終えた。

◆【実際の映像】坂本花織、女子12年ぶりのメダル獲得 ガッツポーズも飛び出した演技は自己ベスト更新

■「神様がついて、見ていてくれた」

坂本は日本勢トップとなるSP3位から挑んだFSでは、3回転ルッツを綺麗に着氷させるなど好演技を披露。さらに3回転フリップと2回転トウループのコンビネーションジャンプも決め、意地を見せた。

坂本は競技後のインタビューでメダル獲得について「びっくりでしかない。嬉しい以外の言葉がないです。(コーチからは)神様がついて、見ていてくれた、と言われました。(中略)報われて嬉しいです。個人でまさかメダルを穫れると思っていなかった」と、その喜びを口にした。

金メダルを勝ち取ったシェルバコワは、4フリップを決め、難易度の高いジャンプで連続で成功させるなど観客を魅了した。

◆ワリエワの検体、禁止薬物以外の薬物も2種類検出 米紙報道

◆4回転ジャンプ着氷のワリエワに相次ぐ称賛の声「歴史に名を残す」「4回転革命」

◆【北京五輪/フィギュア】「灰色」のヒロインに視線集中 ワリエワ、ジャンプミスで涙も

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします