【WRC】第2戦 ラリー・スウェーデン トヨタのロバンペラがGR YARIS Rally1に初優勝もたらす

首位を快走するデイ2のロバンペラ(C)TGR

2022年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンは2月27日に最終日デイ3を迎え、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamカッレ・ロバンペラヨンネ・ハルットゥネン組が優勝、トヨタの「GR YARIS Rally1」に初優勝をもたらした。

総合2位につけていたエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組はリタイヤ。代わって2位にはヒョンデのティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ組が、3位にはトヨタのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が入った。なお、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team Next GenerationからGR YARIS Rally1で出場の勝田貴元も総合4位。惜しくも表彰台を逃した。

◆ハイブリッド新時代「セバスチャン対決」をローブが制す 第1戦ラリー・モンテカルロ

■豊田社長「改善を重ねるトヨタスタイルを実践してくれた」

ラリー・スウェーデンはこの日、サービスパークの北西で2本のSSを各2回走行。4本のステージの合計距離は56.84kmと、3日間で最短のステージ。ウーメオー周辺は最終日も天気に恵まれつつ、雪と氷に覆われた路面での勝負となった。

デイ2で3本のベストタイムを記録し首位に立ったロバンペラは、2位のエバンスに8.3秒差を築いて一日を終えた後、フィニッシュライン通過直後にコースを外れたエバンスに、10秒のペナルティが課せられ、差は18.3秒に広がっていた。エバンスは逆転を狙いデイ3に臨んだものの、今度はハイブリッドシステムに問題が発生し、システムをオフにした状態で最初のSS16をスタート。さらに、ステージの途中でスピンを喫し、クルマのフロント部分を雪壁にヒット。クルマを停めて応急処置を施し、大きく遅れながらもステージをフィニッシュしたが、ハイブリッドシステムが正常な状態であることを示すグリーンライトが点灯しなかったため、FIAが定める安全規則に従いリタイア。YARIS Rally 1の1-2とはならなかった。

ロバンペラもまたハイブリッドシステムに問題を抱えた状態でステージに臨んだが、オープニングのSS16で今大会6本目のベストタイムを記録し、総合2位に浮上したヌービルとの差を23.9秒に拡大。その後も安定した走りを続け、ボーナスの選手権ポイントを獲得可能な最終のパワーステージでは2番手タイムを記録。昨年、第9戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ以来となるWRC通算3勝目を挙げるとともに、GR YARIS Rally1に最初の勝利をもたらした。

ロバンペラは今回の勝利でドライバー選手権首位に立ち、2位に14ポイント差。また、チームもマニュファクチャラー選手権で首位に立ち、選手権2位に24ポイントのリードを築いている。なお、ロバンペラの父ハリ・ロバンペラも、2001年にこのラリーで勝利を収めており、親子2代でのラリー・スウェーデン優勝を成し遂げた。

ロバンペラは「スウェーデンで優勝することができて、とても嬉しいです。週末を通していい戦いができました。金曜日に1番手の出走順でステージに臨んだことを考えると、本当に満足できる結果です。エルフィンとは素晴らしい戦いが続いていたので、彼が今朝リタイアしてしまったのは少し残念です。しかし、それ以外はチームにとって非常に良い結果になりました。このクルマで初めて出たラリー・モンテカルロでは少し苦労しましたが、今回は週末を通してクルマに自信を持って走ることができました。少しでもクルマを良くしよう、乗りやすくしようと力を尽くしてくれたチームに心から感謝します」と喜びのコメントを寄せた。

チーム・オーナーでもある豊田章男社長は「カッレ、ヨンネ優勝おめでとう!  スノーラリーでは一昨年が3位、昨年が2位、そして今回の優勝。毎年、改善を重ねていく、まさにトヨタスタイルを実践してくれました。どんどんトヨタらしくなっていく2人を嬉しく思います(笑)。そしてGR YARIS Rally1にWRC初勝利をもたらしてくれたことにも感謝します。ありがとう!  初日は1番手出走で雪かき役を任され、大変なラリーだったと思いますが、小さな頃から雪道を走っていたカッレだからこその頼もしい走りでした」とドライバーをねぎらった。

WRC第3戦は4月21日にスタートするクロアチア・ラリーとなる。

◆ハイブリッド新時代「セバスチャン対決」をローブが制す 第1戦ラリー・モンテカルロ

◆トヨタのオジエが8度目のチャンピオン チームタイトルとW戴冠

◆【ダカール・ラリー】TOYOTA GAZOO Racingのナッサー・アルアティヤ組が総合優勝「最高の気分!」 アリ・バタネンの4度制覇に並ぶ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします