ソフトバンクのイケメン助っ人・グラシアル、CS最終戦で見せたセーフティバントが絶妙すぎる!ファンも思わず「惚れた」の声

2018シーズンのプロ野球も、残すは10月27日に開幕する日本シリーズのみとなった。

セ・リーグ覇者の広島は、CSファイナルステージで巨人相手に3連勝で突破を決め、2年ぶりの日本シリーズ出場が決定。

パ・リーグ覇者のソフトバンクは、CSファイナルステージで西武と打ち合いを演じ、4勝2敗で2年連続で日本シリーズ進出を決めた。

ソフトバンクは今シーズン故障者が続出。規定投球回に達した投手が12球団唯一のゼロ人だった。苦しみながらも2位でフィニッシュし、CSを勝ち抜いて球団史上初の下克上を果たした。

下克上に大きく貢献した助っ人外国人

CSのMVPを受賞した主砲・柳田悠岐選手とともに打線を牽引したのが、今シーズンから加入したユリスベル・グラシアル選手。

故障者が続出したシーズン後半からレギュラーに定着し、幾度となく勝負強さを発揮してチームに欠かせない選手となった。

その端正な顔立ちからファンからの人気も高く、イケメンすぎると話題にもなっている選手だ。

最終戦に見せた絶妙すぎるセーフティバント

そんなグラシアル選手はCSでも大活躍。

CS最終戦となった第5戦の初回、2塁打と死球でノーアウト1、2塁のチャンスを作り、3番のグラシアル選手に打順が回る。

この場面、グラシアル選手はセーフティバントを敢行。1塁方向へ転がった打球は、一塁手の山川選手が捕球して送球するも間一髪セーフとなった。

助っ人外国人といえば、豪快なスイングの印象が強い。グラシアル選手の強打者らしからぬ小技に意表をつかれたようだ。

結果、ソフトバンクはノーアウト満塁で4番の柳田選手へ打順を回すことに成功。柳田選手の走者一掃のタイムリー二塁打で3点を先制した。

試合の流れを引き寄せるグラシアル選手のプレーに、ファンからも感嘆の声が上がっている。

全試合に出場し柳田選手を上回る打率5割をマーク

クライマックスシリーズMVPを受賞した柳田選手は、ファイナルステージで20打数9安打の打率4割5分をマーク。

対してグラシアル選手は、ファイナルステージで20打数10安打・打率5割を記録した。惜しくもMVP受賞は逃したが、柳田選手をも凌ぐ打率で大活躍。主砲の活躍をアシストした。

グラシアル選手には日本シリーズでも好調を維持し、柳田選手とともに恐怖の打線を牽引する活躍が期待される。

≪関連記事≫

ソフトバンクの助っ人・グラシアルがイケメンすぎると話題に!「近年稀に見るイケメン」とファンの声

巨人・立岡宗一郎、ソフトバンク・本多雄一の引退にメッセージ「悔しい、悲しい」

大爆発の西武・栗山巧、ヒーローインタビューがイケメンすぎると話題に

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします