【MLB】大谷翔平、2試合連続安打と今季初盗塁をマーク チーム2勝目に貢献

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は11日(日本時間12日)、本拠地でのマイアミ・マーリンズ戦に「1番DH」でスタメン出場し4打数1安打1得点1盗塁で、今季初盗塁と2試合連続安打を記録した。試合は6-2でエンゼルスが勝利した。

◆【実際の動画】大谷翔平、今季初盗塁となる二盗に成功 MLB公式「彼は今シーズン、何個で終えるか?」

■安打と二盗でチャンスメイク

大谷は第1打席、相手先発のエリーザ・ヘルナンデスが投じた直球を捉えて、打球速度101マイル(約163キロ)の痛烈な中前安打を放ち、2試合連続安打をマークした。続く2番アンソニー・レンドンの打席では、今季初盗塁となる二盗に成功。5番ブランドン・マーシュの3ランが飛び出し、大谷のチャンスメイクからエンゼルスが初回に3点を先制した。

大谷は第2打席以降、凡打に終わるも、エンゼルスは2回にジョー・アデルが今季初アーチで追加点を上げたほか、8回にはマーシュとアデルの適時打で2点を追加し、6得点を上げた。

◆“The Monster of the Reiwa”完全試合の佐々木朗希に米メディア注目「オオタニ以来の若手スター」

◆“オオタニ超え”日本人メジャーリーガー「今季1号」一番乗りは鈴木誠也、得点圏打率は驚異の.667

◆大谷翔平、開幕戦“奪三振SHO”で本拠地ファン喝采 5回途中9奪三振1失点、直球は最速161キロ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします