【MLB】大谷翔平、2試合連発の今季8号 飛距離130メートルの特大弾に実況「アメージング!」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は15日(日本時間16日)、敵地オークランド・アスレチックス戦に「3番DH」で先発出場。初回、前日に行われたダブルヘッダー第2試合目の「MLB通算100本塁打」に続く、2試合連続となる通算101号、今季8号2ランを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、ボールを破壊するような打球音を響かせた特大8号 実況「アメージング!」と大興奮

■特大弾に実況「アメージング!」

大谷は初回1死一塁、相手先発のフランキー・モンタスが投じた高めの95.9マイル(約154キロ)のシンカーを振り抜くと、打球はセンター右方向のスタンド中段へ着弾した。

実況も「オメデトウ!」「アメージング!」と興奮する今季8号は、飛距離425フィート(約130メートル)、打球速度108.3マイル(約174キロ)、打球角度32度の特大弾だった。

大谷はこの日、3打数1安打2打点。申告敬遠と二塁のエラーで出塁も、5回の出塁では盗塁死している。

なお、試合は大谷の2ランで先制したエンゼルスが4ー1で快勝した。

◆大谷翔平への敬遠に敵ファンからも大ブーイング 「ショウヘイのプレーを見たい」と米メディアも理解

◆「トラウト、大谷翔平との対戦は楽しいか」相手投手の答えは「絶対ノー」と断固拒否の姿勢

◆【実際の映像】大谷翔平、ボールを破壊するような打球音を響かせた特大8号 実況「アメージング!」と大興奮

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします