【MLB】大谷翔平が“6月無双”で球団史上3人目の記録達成 途中降板に地元記者は「難しい選択」

今季7勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は29日(日本時間30日)、本拠地でのシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番DH・投手」でリアル二刀流出場。6回途中5安打無失点、毎回の11奪三振で今季7勝目を挙げた。防御率は2.68。打者としては、3打数無安打1四球で打率を.265とした。

◆【実際の映像】多くのファンが心配した1シーン…フルスイング直後に背中を気にする大谷翔平

■6月は防御率1.52

6月好調の大谷は、3連勝中の勢いそのままにこの日も好投。最速101マイル(約162.5キロ)の速球とスプリットを織り交ぜ圧巻の投球を披露したが、108球と球数がかさみ6回2死の場面で降板となった。

試合はエンゼルスがリードを守りきり4-1で勝利。大谷は、連続無失点記録をメジャー自己最長の21回2/3に伸ばし、ノーラン・ライアンとジョン・ラッキーに続く「3先発で無失点かつ30奪三振以上」という球団史上3人目の記録も達成した。

6月の「投手・大谷」は5先発で4勝1敗、防御率1.52。29回2/3で7四球38奪三振と安定感抜群だった。

■イニング途中の降板は「誰も責められない」

2試合連続の2桁奪三振でシーズン100奪三振も突破した大谷だが、この日は自己最多タイの108球を投じた。決して制球に苦しんだわけではなく、ホワイトソックス打線が追い込まれてもファウルで粘るアプローチをとったのがその理由だが、現地メディアの各番記者もTwitterで大谷の球数を速報した。

結果として大谷は6回2死、イニング途中で降板。米メディア「The Athletic」のサム・ブラム記者は自身のTwitterで、ファンからの「あと1人なのに、なぜ続投させないのか?」という質問に対して、「これは難しい選択だ。彼は108球を投げている。降板については誰も責められない」と回答している。

大谷自身も試合後、相手打線が球数を増やしたことを認めながらも、イニング途中での降板に悔しさをにじませたという。

■心配された背中は問題なし

一方、打者としては6回第3打席でのフルスイングで、腰を痛めたような仕草も見せた。この場面を映像付きでTwitterに投稿したデータ分析会社「コディファイ・ベースボール」は「OWtani(痛いタニ)」とキャプションをつけて紹介した。

大谷は続く第4打席でもスイング毎に背中を抑え、負傷かと心配されたが、試合後に問題がないと説明。ブラム記者も「オオタニは『背中の状態は大丈夫だ』と話し、翌日に試合がないことを喜ぶ様子を見せていた」と伝えている。

◆【実際の映像】多くのファンが心配した1シーン…フルスイング直後に背中を気にする大谷翔平

◆「この男は普通じゃない」連日の“大谷翔平劇場”に相次ぐ賛辞 対戦相手も脱帽「誰も真似できない」

◆大谷翔平の投球は「別次元に上昇中」 米メディアが球速アップと与四球減に注目

文・澤 良憲(Yoshi Sawa)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします