【RIZIN.37】元力士・スダリオ剛、元警官の関根“シュレック”秀樹を「左フック一発」でKO わずか“53秒殺”に会場どよめき

(C)RIZIN FF

湘南美容クリニック presents RIZIN.37」は31日、さいたまスーパーアリーナで開催され、第8試合「関根“シュレック”秀樹 vs. スダリオ剛」は1ラウンド53秒KO(左フック)でスダリオ剛が勝利した。

◆【実際の映像】衝撃の“53秒殺”に会場どよめき…スダリオ剛が国内ヘビー級頂上決戦を制した決定的瞬間

■スダリオ剛は全5勝が1ラウンドKO

元静岡県警の関根“シュレック”秀樹、元大相撲十両・貴ノ富士のスダリオ剛の“異色”の重量級マッチを制したのはスダリオ剛だった。

試合はわずか53秒で決した。ゴングが鳴るとじわじわと前に出るスダリオに会場は息を呑んだが、スダリオの一発が出た瞬間、関根がリングに倒れた。左フック一閃、完全に伸びた関根を見てレフェリーはストップ。1ラウンド53秒KO勝ちが決まった。

スダリオ剛は昨年10月「RIZIN.31」のSAINT戦から2連勝、これで5勝のすべてが1ラウンドKO勝利となった。昨年6月「RIZIN.28」でシビサイ頌真を相手に初黒星を喫したが、重量級のトップ戦線に再浮上を告げる圧巻の復帰Vとなった。

◆【実際の映像】衝撃の“53秒殺”に会場どよめき…スダリオ剛が国内ヘビー級頂上決戦を制した決定的瞬間

◆【RIZIN.37】22歳“国内フライ級最強”神龍誠、ヒール卒業宣言 ベテラン所英男に「おやじ狩り発言はダメだよ」と教わる

◆【RIZIN.37】無敗の女王・伊澤星花、“大逆転”一本勝ちでGPトーナメント1回戦突破 嬉し涙で「チャンピオンになります」

文●工藤愛梨(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします