【MLB】大谷翔平、10勝と23号なるか ルース以来104年ぶりの“2桁勝利2桁本塁打”に三度挑戦 「2番DH・投手」で出場

自身メジャー初の2桁勝利に王手をかけているエンゼルス大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は3日(日本時間4日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるオークランド・アスレティックス戦に「2番DH・投手」で先発出場する。大谷の投打同時出場は今季18度目となる。

大谷は前日の同戦で第3打席にレフトへの二塁打を放ち、4打数1安打で打率.255。エンゼルスは3-1で勝利し、8月初陣を白星で飾った。

◆「そして誰もいなくなった」エンゼルス、今日先発シンダーガード、守護神イグレシアス、ホープのマーシュを放出

■7試合連続2桁奪三振でノーラン・ライアンに並ぶか

相手先発ジェームズ・カプリーリアンは今季16試合に登板し2勝5敗、防御率4.50。昨季はメジャー初勝利を挙げるなど8勝と飛躍のシーズンを送った右腕は、ここまで調子に乗り切れていない。しかし、ここ5試合では2勝・負けなしと復調の気配を見せており、前回登板となった7月29日(同30日)のシカゴ・ホワイトソックス戦でも6回を投げて1失点で勝利投手となっている。

大谷はオールスター前までに6連勝するなど、昨季に並ぶ9勝を挙げているが、オールスター明けは連敗とメジャー自身初の2桁勝利に足踏みが続いている。ベーブ・ルースに並ぶ104年ぶりの“2桁勝利2桁本塁打”達成に向けて、流れを断ち切りたい。

また2桁奪三振をマークすれば7試合連続となり、1977年にノーラン・ライアンが達成した球団記録に並ぶことになる。大谷はメジャーを代表する偉人たちに並び、さらに歴史に名を刻むことができるのか。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 2B フレッチャー
2番 DH 大谷 
3番 3B レンヒーフォ
4番 RF ウォード
5番 1B ウォルシュ 
6番 C スタッシ       
7番 CF モニアック
8番 SS ベラスケス 
9番 LF シエラ
SP  大谷

試合情報

エンゼルス-アスレチックス
8月4日(木)10:38(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

◆「そして誰もいなくなった」エンゼルス、今日先発シンダーガード、守護神イグレシアス、ホープのマーシュを放出

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

◆スーパースターたちの間でMVP論争勃発 大谷翔平かアーロン・ジャッジか 割れる意見

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします