【MLB】大谷翔平、“104年ぶりの偉業”達成かかる先発前日にスタメン外れる 現地記者「大谷の足は元気」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は8日(日本時間9日)、敵地でのオークランド・アスレチックス戦のスタメンを外れた。

ベンチスタートは6月17日(同18日)のマリナーズ戦以来約1カ月半ぶりのこと。スタメンを外れた理由については公表されていないが、エンジェルス番記者のジェフ・フレッチャー氏は自身のTwitterで「大谷の足は元気です」とし、前日のアクシデントの影響ではないとした。なお、DHには大谷の代わりに捕手のマックス・スタッシが入った。

大谷は4日(同5日)のオークランド・アスレチックス戦でメジャー通算本塁打を117本に伸ばし、イチロー(元マリナーズなど)と並び日本人歴代2位に浮上。1位は“ゴジラ”こと松井秀喜(元ヤンキースなど)の175本で、残り58本となっている。ここ一番、代打出場で一発にも期待したい。

また、大谷は明日に今季19回目の先発が予定されており、三度お預けとなっているベーブ・ルース以来104年ぶりの“2桁勝利2桁本塁打”達成に挑む。コンディションを整えて、今季10勝目と偉業到達なるか。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 SS フレッチャー
2番 RF ウォード 
3番 2B レンヒーフォ 
4番 LF アデル  
5番 DH スタッシ 
6番 1B ウォルシュ     
7番 C 鈴木    
8番 3B ゴスリン   
9番 CF シエラ
SP  スアレス

◆【実際の投稿】番記者がスタメンツイートで「彼の足は元気」とファンの不安を払拭

◆大谷翔平の左足をスパイクで踏んだ相手投手、真っ青 「まずい、オオタニの足を壊してしまった」

◆大谷翔平、2年連続シーズン100安打達成も相手投手との交錯に地元メディア「かなり悪いニュース」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします