【甲子園】第104回全国高等学校野球選手権大会、最終日決勝は仙台育英 vs. 下関国際 試合開始時間

第104回全国高等学校野球選手権大会は14日目最終日を迎え、ともに初優勝を目指す仙台育英(宮城)と下関国際(山口)が決勝で相対する。

前日は今大会3度目の休養日で試合がなく、決勝に進んだ2校は同球場の室内練習場などで調整した。

◆近江、山田陽翔が通算115奪三振で歴代単独3位に【通算奪三振10傑】

■東北勢、初の「白河の関越え」なるか

仙台育英は7年ぶり3度目となる夏の決勝進出。東北勢として春夏通じて初の甲子園大会制覇、悲願の「白河の関越え」を狙う。下関国際は春夏通じて初の決勝進出で、山口県勢として、夏は1958年の柳井以来、64年ぶりの頂点を目指す。

プレーボールは14時。

■大会13日目:20日の結果

第1試合  仙台育英(宮城) 18-4 聖光学院(福島)
第2試合  近江(滋賀) 2ー8 下関国際(山口)

◆近江、山田陽翔が通算115奪三振で歴代単独3位に【通算奪三振10傑】

◆下関国際が初の決勝進出 近江・山田は歴代3位115奪三振、5戦計644球の熱投も力尽きる

◆仙台育英、東北対決制し7年ぶり決勝進出 19安打18得点で悲願の“白河の関”越え王手

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします