【MLB】大谷翔平、「こんな投手はそういない」と敵将も賛辞 胃腸炎で4回降板も本人は言い訳なし

ウイルス性胃腸炎の中、マウンドに上がった大谷(C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平が21日(日本時間22日)、敵地で行われたデトロイト・タイガース戦に「3番DH・投手」で先発出場し、4回5安打3失点で今季8敗目(10勝)を喫した。5回の第3打席では代打を送られ、途中交代。球団はその後、試合から退いた理由として「ウイルス性の胃腸炎にかかっていた」と発表した。

不安定な投球が続いた背景を知った敵軍指揮官は「体調が悪い中でも、あれだけ多彩な球をあれだけ豊富な配球で投げられる投手はそうそういない」と語った。試合はタイガースが4-0でエンゼルスを下した。地元放送局などが試合後のコメントを伝えている。

◆大谷翔平、メジャー最長本塁打被弾も「スーパーマンでも病気になる」と指揮官は擁護 

■敵将「体調不良は見て分かった」

初回1番打者ライリー・グリーンに初球を叩かれ、本塁打を浴びた大谷。いきなりの被弾が、不吉な予兆だった。大谷らしくない投球はその後も続き、球速は上がらず制球も不安定。4回にも2点を奪われ、この回でマウンドを降りた。結局、4回85球を投じて5安打3失点、4与四球2奪三振という内容で8敗目を喫した。もちろん、不調の背景には「ウイルス性胃腸炎」があった。

タイガースのAJ.ヒンチ監督は試合後、地元放送局「バリー・スポーツ・デトロイト」などの取材に応じ、「(大谷の)体調が良くないというのは見ていて感じた。今日は投球間隔を長くとっていたようだ」とし、“異変”に気付いていたことを明かした。また、同監督は大谷を攻略した自軍の打線を称賛しつつも、「体調が悪いながらも、あれだけ多彩な球をあれだけ豊富な配球で投げられる投手はそういない」と賛辞を贈っていた。

■痛かった2死から連続四球

米メディア「ESPN」などによると、大谷自身は3失点を喫した要因について胃腸炎の影響を認めつつも「良い投球ができなかっただけ」と言い訳はしなかったという。その中で声に出して唯一悔やんだのが、4回の投球。2死走者なしから2者連続四球を与えると、続く2番ビクトル・レイエスにカウント2-2からのスライダーを捉えられ、2点適時三塁打を許した。

大谷はリードを3点に広げられたこの場面について「あそこは僕の最大のミスだった。あと1球決めることができれば、1失点で終わらせることができれば……。あの回は2アウトで1点差だった。もし、1点差のまま切り抜けて5回まで行ければ、(勝つ)チャンスはあった」と振り返っていたという。

ウイルス性胃腸炎という発表だが、よく見られる嘔吐などの症状はなかった模様。心配される今後については、「これから確認し、明日も確認する」としたフィル・ネビン監督代行。現地22日から始まるタンパベイ・レイズとの4連戦で、元気な姿を見せてくれることを祈るばかりだ。

◆大谷翔平、メジャー最長本塁打被弾も「スーパーマンでも病気になる」と指揮官は擁護 

◆大谷翔平、ウイルス性胃腸炎でも先発登板 現地記者からも「オオタニじゃない」と心配の声

◆「そして誰もいなくなった」エンゼルス、今日先発シンダーガード、守護神イグレシアス、ホープのマーシュを放出

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします