【MLB】大谷翔平、“お得意様”から2戦連発29号アーチでチームを4連勝に導くか 「3番DH」スタメン

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は29日(日本時間30日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるニューヨーク・ヤンキース戦に「3番DH」で先発出場する。

前日のトロント・ブルージェイズ戦では、第2打席で28号2ランを放つなど、4打数3安打2打点と猛打賞の活躍。11勝目を挙げた投打同時出場の翌日に、疲れを感じさせない無双ぶりを発揮して、チームの3連勝に貢献した。

◆【試合速報】大谷翔平、“お得意様”から2戦連発の29号2ラン 実況も「イッテラッシャーイ」と大興奮

■過去「3本塁打」の得意投手と対戦

相手先発のフランキー・モンタスは、8月にヤンキースに移籍したばかりの右腕。昨季はオークランド・アスレチックスで13勝を挙げエース級の活躍を見せた。今季はここまで23試合に登板して4勝10敗、防御率3.84。トレード後に4試合に先発、うち2試合でそれぞれ6失点と炎上、計16点を献上している。

大谷とモンタスの対戦成績は、ここまで通算21打数9安打3本塁打9打点、2個の申告敬遠を含む6四球、5三振。大谷にとっては相性がのよい投手だ。昨季は申告敬遠1を含む4四球、本塁打なしと、四球攻めに苦しんだ。

今季5月15日(同16日)の対戦で、大谷は初回の第1打席で2試合連続となる8号2ランで先取点を挙げるなど、チームの勝利に貢献した。大谷は前回対戦以来となる“2戦連続弾”で、エンゼルスを4連勝に導くことはできるか。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 2B フレッチャー  
2番 CF トラウト 
3番 DH 大谷  
4番 3B レンヒーフォ  
5番 RF ウォード
6番 1B フォード      
7番 LF アデル  
8番 C サイス
9番 SS ベラスケス
SP  スアレス

◆【試合速報/実際の映像】大谷翔平、2試合連続の29号2ランに本拠地大熱狂!大谷も笑顔でハイタッチ

◆大谷翔平、今季最多109球 零封11勝目に地元メディアから絶賛の嵐「ショウヘイ・サン、信じられな〜い!」

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

試合情報

エンゼルス-ヤンキース
8月30日(火)10:38(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします