【NBA】ウォリアーズのステフィン・カリーが天王洲アイルにバスケ・コートをオープン

「カリーコート 天王洲アイル」をオープンすることを発表したステファン・カリー(C)Getty Images

ゴールデンステート・ウォリアーズステフィン・カリーは1日、24日に日本国内初の屋外常設バスケットボール・コート『カリーコート 天王洲アイル』をオープンすると発表した。カリーはアンダーアーマーと契約の上、カリー・ブランドを展開しており、これは同社の日本総代理店・株式会社ドームとの取り組みの一環。

カリーブランドは「世界中の若者たちが平等にスポーツを楽しむ機会を創出する」というミッションのもと、カリーの意志を体現した社会貢献活動に取り組んでいる。

このコートのオープンを記念し、24、25日の2日間にわたりカリーの特別ポップアップ展「#CURRYH1ST0RY」を実施するほか、カリーコートでのシュート・チャレンジ・イベント、限定Tシャツの販売などを予定している。

◆ユース選手育成プログラムを設立、アンバサダーの元NBAメッタ・ワールドピースからも期待の声

■国内初の屋外常設カリーコート『カリーコート 天王洲アイル』

カリーブランドの活動の一環としてオープンする『カリーコート 天王洲アイル』は「CHANGE THE GAME FOR GOOD – すべての若者にスポーツを楽しむ機会を -」というカリーの想いのもと、誰もが安全にバスケットボールを楽しみながら、成長のきっかけをつかめる場所となる。

壁面やゴールボードには、カリーからインスパイアされたストリートアートを設置し、カリー選手の存在を感じながらバスケットボールをプレー可能。オープン後は、コートの無料開放デーや子どもたち向けのバスケットボールクリニックなども実施予定する

所在地 :〒140-0002 東京都品川区東品川2丁目1-17

カリーは21年12月、3ポイントシュート通算成功数2974本を更新し、NBA歴代1位となっている。21-22シーズン終了時に、これを3117本まで伸ばし現在も記録を更新中。これまでに4度リーグを制覇し、22年は自身初となるファイナルMVPにも輝いている。

◆開催まで1年 “沖縄バスケ”が呼び込んだFIBAワールドカップ

◆渡邊雄太がブルックリン・ネッツと契約 デュラント、アービングと共闘

◆ゴールデンステート・ウォリアーズが7度目の優勝 ステフィン・カリーがMVP

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします