【MLB】大谷翔平 vs. ジャッジ 「クレイジーなレースになる」トラウトがMVP争いに言及

3回の第2打席にライトへの31号を放った大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平が5日(日本時間6日)、本拠地でのデトロイト・タイガース戦に「3番DH」で先発出場し、今季6度目の1試合2発をマークした。第2打席で右越え31号2ランを放つと、第4打席でこの日2本目、リーグ単独2位となる32号ソロを左中間に運んだ。なお、この一打で大谷はメジャー通算500安打に到達。5打数3安打3打点で、打率は今季最高の.270となった。チームは10ー0でタイガースに大勝し、2試合ぶりの白星を挙げた。試合の様子をMLB公式サイトなどが伝えている。

◆【実際の映像】大谷翔平、左中間に飛び込む32号127メートルの特大弾 「ショウヘイ!最高の試合だ」と実況大興奮

■弾丸31号は「レーザー」

大谷は2点リードの3回1死二塁、左腕タイラー・アレクサンダーの初球を強振。90マイル(約145キロ)の直球を弾き返すと、右越え31号2ランとなった。この一撃は打球速度111.4マイル(約179キロ)、角度19度、飛距離382フィート(約116メートル)を記録。今季最も角度の低いライナー弾で、その当たりをMLB公式ツイッターは「レーザー」と表現した。

2本目も初球攻撃だった。7点リードで迎えた7回無死の第4打席。救援右腕ギャレット・ヒルのスライダーを完璧に捉え、左中間へアーチをかけた。今度は打球速度108.6マイル(約175キロ)、角度31度、飛距離416フィート(約127メートル)を計測。1試合マルチ本塁打は今季6回目(キャリア12回目)で、これはエンゼルス史上、トロイ・グローズ(2000年)に並ぶ最多記録となった。

■「打っている感じはいい」

休養明けの大谷はこの日、第1打席で右翼フェンス直撃の二塁打も放っており、2本のアーチを含めて5打数3安打3打点の大活躍。試合後、「打席でのボールの見え方は悪くないし、打っている感じはいいと思うので、継続して頑張りたい」と振り返っていた。

エンゼルス戦のプレーボール前には、MVPを争うニューヨーク・ヤンキースアーロン・ジャッジがミネソタ・ツインズ戦で3戦連発となる54号を放っていたが、大谷も負けじと2発。お互い一歩も引かぬデッドヒートに対し、地元放送局『バリー・スポーツ・ウエスト』などのインタビューに応じたマイク・トラウトは大谷のロッカーをチラリと見て、「あそこにいるのは特別な選手だ」と切り出すと、「シーズン最後までクレイジーなレースになると思う。ジャッジは(ア・リーグ記録の)61本塁打に迫っているし、ショウヘイは30本以上の本塁打を打ち、先発投手としても規定投球回数に届きそうな働きをしている。彼は相手を圧倒し、とんでもないことをやっている。ショウヘイのような選手は、ほかに誰もいない」と話した。

SNS上でも識者がコメント。大谷ファンを公言する『FOX sports』のアナリスト、ベン・バーランダー氏は2本のアーチを見届けると「ショウヘイ・オオタニはあなたのMVPです。ずっとです」とツイートし、改めて大谷を推した。また、米放送局『ESPN』のジェフ・パッサン記者も「ショウヘイ・オオタニがいかにすごいか、それを語ることを止めるつもりはない。なぜなら一生に一度のアスリートに出会ったとき、その一瞬一秒に感謝すべきだから。オオタニはまさに唯一無二だ」とつづった。

ジャッジが打てば、大谷も打つ。「投手・大谷」の勝利数も絡み、MVP争いはシーズン最終盤までもつれそうだ。

◆【実際の映像】大谷翔平、4試合ぶり31号2ランはライトへ飛び込む179キロの弾丸ライナー弾

◆米メディア、「大谷翔平はブラックスワン」と指摘 規格外「二刀流」がジャッジのMVPを阻むか

◆米紙が大谷翔平の2年連続受賞に太鼓判 ジャッジとの直接対決を終え「MVP論争を力強く終わらせた」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします